A・シュワルツェネッガー、主演復帰作『ラストスタンド』で10年ぶりの来日が決定!

『ターミネーター3』から10年――出演作のトータル世界興行収入が驚異の3,000億円を超えるキング・オブ・ハリウッドスター、アーノルド・シュワルツェネッガーが全世界待望の主演復帰作…

最新ニュース
『ラストスタンド』 -(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『ラストスタンド』 -(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『ラストスタンド』 -(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『ラストスタンド』 -(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『ラストスタンド』 -(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『ターミネーター3』からおよそ10年――出演作のトータル世界興行収入が驚異の3,000億円を超えるキング・オブ・ハリウッドスター、アーノルド・シュワルツェネッガーが全世界待望の主演復帰作『ラストスタンド』を引っ提げて来日することがこのたび決定した。

事件は警官殺しの凶悪犯罪者・コルテスの極秘移送中に起こった。護送車は襲撃され、コルテスは逃走に成功。最新鋭の車を操り、時速300キロを超えるスピードでメキシコ国境へと向かう。FBIはパトカー、ヘリを総動員し猛追するが、ことごとく突破され、残すは国境付近の小さな田舎町のみ。時代錯誤な銃器しかないこの町では、コルテスを止める事は全く期待できない。全ての望みが消えたかに見えたそのとき、その町の保安官・オーウェンズ(シュワルツェネッガー)が立ち上がる。最新鋭の武器を誇る最凶犯罪者集団に対し、保安官と彼を慕う仲間たちは結束し、辺境の町で世紀の対決を繰り広げる…。

米カリフォルニア州知事としての政治家活動を経て、幾つかの作品でゲスト出演を果たすものの、世界中が待ち望んでいたのはもちろんシュワルツェネッガーが“主役”としてスクリーン狭しと大暴れする姿! そして自ら選び抜いた主演復活映画となる本作で遂に、65歳という年齢を全く感じさせない驚愕のド迫力アクションを披露している。

L.A.プレミアでは、日本のファンに向けて「僕はもうすぐ日本に行くよ、I'll be BACK!」と約束してくれたシュワルツェネッガー。そしてその宣言通り、来日が実現する形となった。年を重ね深みを増した演技と、スタイリッシュなパワフルさを本作でも見せつけてくれることだろう。シュワルツェネッガーの来日は2月21日(木)を予定している。

『ラストスタンド』は4月27日(土)より全国にて公開。

(C) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top