期待の新星・三吉彩花、等身大の初主演!『旅立ちの島唄~十五の春~』予告編が到着

最新ニュース

『旅立ちの島唄~十五の春~』 -(C)  2012「旅立ちの島唄~十五の春~」製作委員会
  • 『旅立ちの島唄~十五の春~』 -(C)  2012「旅立ちの島唄~十五の春~」製作委員会
  • 第67回「毎日映画コンクール」表彰式(東出昌大&三吉彩花)
『グッモーエビアン!』で麻生久美子、大泉洋と共演し注目を集め、「毎日映画コンクール・スポニチグランプリ」で新人賞に輝いた、三吉彩花。その初主演作『旅立ちの島唄~十五の春~』。三吉さんが瑞々しい魅力いっぱいに、15歳の等身大の演技が収められた本作の予告編がシネマカフェにどこよりも早く到着した。

『旅立ちの島唄~十五の春~』の舞台となるのは、沖縄本島から東へ360キロ離れた南大東島。“絶海の孤島”と言われる南大東島には高校がないため、島の子どもたちはみな中学卒業と同時に島を出て、家族と離れなければならない。中学卒業の春、島の少女民謡グループ“ボロジノ娘”は、家族への感謝の思いを込めて南大東島の民謡「アバヨーイ」(“さようなら”の意)を歌うのが習わしだ。そんな南大東島の実話を元に映画化した本作。

島で暮らす少女・優奈(三吉彩花)は、サトウキビ農家の父・利治(小林薫)と2人暮らし。優奈の姉が高校に行くときに一緒に島を出た、本島生まれの母・明美(大竹しのぶ)とはめったに会えずにいる。中学卒業まであと1年。父親を1人、島に残して出て行くことへの不安…。家族みんなで一緒に暮らせたら、という言葉を飲み込んで、15歳の旅立ちのときは迫るのだった。

完成した予告編には、三吉さんの初々しいセーラー服姿や、髪を結い上げ、紅をさし、着物をまとって舞台に立つ凛とした姿が収められている。企画の段階から「主役は彼女しかいない」と言われていたようで、撮影が行われたのは三吉さん自身が中学を卒業した直後。現実と役柄の年齢が一致する瞬間にしか見られない表情には、すでに数多くの絶賛の声が寄せられている。

主題歌は沖縄を代表するアーティスト「BEGIN」が書き下ろした「春にゴンドラ」。島民にとって、船に乗り込むためのゴンドラは“別れ”のモチーフでもある。「BEGIN」の優しい歌声が、切なくも温かい子どもの巣立ちと家族の姿をさらに盛り上げている。

『旅立ちの島唄~十五の春~』は4月27日(土)より沖縄にて先行公開、5月よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。

※こちらの特別映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。


© 2012「旅立ちの島唄~十五の春~」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top