喝采の嵐! 『言の葉の庭』ゴールドコースト映画祭にて、ワールド・プレミア上映

4月28日(現地時間)、オーストラリアのゴールドコーストにて開催中のゴールドコースト映画祭(The Gold Coast Film Festival:GCFF)で『言の葉の庭』が上映され、…

最新ニュース
新海誠監督・最新作『言の葉の庭』-(C) Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
  • 新海誠監督・最新作『言の葉の庭』-(C) Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
  • サイン会に応じる新海監督
  • 上映後の質疑応答に答える新海監督
  • メディア取材を受ける新海監督
4月28日(現地時間)、オーストラリアのゴールドコーストにて開催中のゴールドコースト映画祭(The Gold Coast Film Festival:GCFF)で『言の葉の庭』が上映され、新海誠監督が舞台挨拶を行った。

映画祭の最終日となった28日、市内の映画館「Birch Carroll & Coyle Pacific Fair Cinemas」では、本作のチケットが早々に完売し、急遽240席の大きいスクリーンに変更。満員御礼の舞台挨拶となった。16時、大きな拍手で会場に呼び込まれた監督は、「オーストラリアは『秒速5センチメートル』で賞(アジアパシフィック映画祭)をいただいた地でもあり、ずっと訪問したかった」と挨拶。

『言の葉の庭』は、新海監督の2年ぶりとなる6作目の監督作品。鮮烈なビジュアル表現と、観る者それぞれの心に染み入る物語表現で国内外の若者に絶大な影響を与えてきた、次世代のアニメーション監督である新海監督が今回打ち出したのは、愛に至る以前の孤独。これは万葉集で使われた言葉である孤悲(こい)の物語だ。独自の感性と言葉選びにより、まるで小説を読むような味わいとテーマ性を持った繊細なドラマを、アニメーションでしか為し得ない表現で紡ぎ出す。

上映後は大きなスタンディングオベーションが起こり、再度質疑応答のために登壇。観客の質問に答えるQ&Aが行われた。また、ロビーでは上映前から開始していたファンへのサイン会が終わらず、約200人のお客へのサインに応じ、すべてが終了したのは19時過ぎという大盛り上がりを見せた。

新海監督は上映後、「たくさんの観客においでいただき、とても幸せな時間でした」と喜びをあらわにし、「映画を観てくれた観客との会話を心待ちに制作を続けた数か月でしたので、今回の3時間のサイン会、1時間のQ&Aでは全く足りない気持ちです。貴重な機会をくださったゴールドコースト映画祭の方々、足を運んでくださった観客に心より感謝いたします」と日本での公開を前に確かな手ごたえを感じたようだった。

観客はゴールドコーストのみならず、ブリスベン、シドニー、メルボルンなど豪州全土からこのワールドプレミアに来場。在留邦人の観客からは「この作品を観て日本に帰りたくなった」という感想が出るなど、現代の日本情緒あふれる映像に、観客は酔いしれていた。

『言の葉の庭』は5月31日(金)より全国にて公開。
(C) Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top