IMALU、靴にまつわる“大竹しのぶ&さんま”との思い出を告白!

『オールド・ボーイ』、『渇き』などで世界中から称賛されたパク・チャヌク監督がハリウッドデビュー作となる『イノセント・ガーデン』を引っさげ来日…

最新ニュース
『イノセント・ガーデン』舞台挨拶(パク・チャヌク監督&IMALU)
  • 『イノセント・ガーデン』舞台挨拶(パク・チャヌク監督&IMALU)
  • 『イノセント・ガーデン』舞台挨拶(パク・チャヌク監督)
  • 『イノセント・ガーデン』舞台挨拶(IMALU)
  • 『イノセント・ガーデン』舞台挨拶でパク・チャヌク監督がIMALUに靴をプレゼント
  • 『イノセント・ガーデン』舞台挨拶(パク・チャヌク監督&IMALU)
『オールド・ボーイ』、『渇き』などで世界中から称賛されたパク・チャヌク監督がハリウッドデビュー作となる『イノセント・ガーデン』を引っさげ来日。5月21日(木)に都内で舞台挨拶を行なったが、タレントのIMALUも来場し本作の魅力をアピールした。

「プリズン・ブレイク」の人気俳優ウェントワース・ミラーが脚本を手がけ、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカやニコール・キッドマンら実力派をキャストに迎えて製作されたサスペンス。繊細すぎる感性を持つ少女インディア・ストーカー(ミア)は、最愛の父の死をきっかけに行方不明だった叔父と暮らし始めるが、しばらくすると彼らの周囲で次々と奇妙な出来事が起こり始め…。

チャヌク監督は、ハリウッド進出作として本作を選んだ理由について「主人公の女の子の年齢が実は私の娘と同い年で興味を持ちました。それから、脚本がギッシリと詰まっているというよりも余白の多いものだなという印象で、これなら監督として気持ちを詰め込めるなと思いました」と明かす。撮影にあたって「思春期の少女というのは世の中というのが俗で不潔で、大人というのが浅はかで不潔に見えるもの。俗世よりも美しさに憧れるもので、その美しさを強調して撮りました」とふり返った。

IMALUさんは映画について「美しく刺激的で衝撃的。音の繊細さやアングル、全てがきめ細かく伝わってくる一方で、監督らしいサスペンス、恐怖のスパイスもあって絶妙なバランスです」と大絶賛。あまりの称賛に監督は「(観客の)みなさんはこれから観るので、もしそれが嘘でも大丈夫ですよね(笑)。あまりそのまま信じすぎないで…映画は期待しないで見た方がいいと思うので心を空っぽにして楽しんでください」と恐縮した様子で呼びかけた。

ちなみにIMALUさんはミア・ワシコウスカの母親を演じたニコール・キッドマンの大ファンで、中学の頃にファンレターを送ったこともあるとか。監督は「中学生の頃ってことは一昨年くらい?」とユーモアたっぷりに語り、これにはIMALUさんも「そんな子供に見えますか?」とショック!? 監督はさらに撮影現場でのニコールについて「ニコールは普段は旦那さんと子供のことで頭がいっぱいで、その辺にいる平凡なおばさんのようなんですが、いざ撮影に入ると誰よりもプロフェッショナルです」とその素顔を明かしIMALUさんを驚かせていた。

劇中、主人公の少女の誕生日に毎年、靴がプレゼントとして贈られるという描写があるが、IMALUさんも靴にまつわるプレゼントの思い出を披露。高校時代にカナダに留学し、日本に一時帰国した際、気にいったブーツがあったものの値段が高かったそうで「母(大竹しのぶ)にお願いしてみたら『お父さん(明石家さんま)に頼もう』って言われたんですが、父には『そんなんダメや!』って言われてすごくショックだったんです。カナダに帰ったら、だんだん寒くなって気持ちも落ちてきたんですが、そんなとき、母が荷物を送ってくれて、それが欲しかったブーツだったんです。どっちが買ってくれたのかは知りませんが(笑)、それを履いたら気持ちが晴れまして、ずっと大事に履いてました」と両親を巻き込んでの大切な靴の思い出を明かした。

そんなIMALUさんにこの日、監督は「クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)」の真っ赤なハイヒールをプレゼント! これにはIMALさんも大感激。「映画の主人公になった気分です! こんな靴が似合う女性になりたい」と満面の笑みを浮かべていた。

チャヌク監督は「韓国では靴を贈ると相手が自分の元を去ってしまうと言われていて、靴をプレゼントするということがあまりないんです」と意味ありげに明かし「この映画ではどんな結末を迎えることになるか? ぜひ見守ってください」と語りかけた。

『イノセント・ガーデン』は5月31日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top