深田恭子、濱田岳&岡田将生を「わたしが、フルボッコにする」

「プリンセス・トヨトミ」、「鴨川ホルモー」の作者として人気を博す作家・万城目学が手がけた人気小説を、濱田岳と岡田将生のW主演を迎えて贈る『偉大なる、しゅららぼん』。このほど、本作の新たなキャストとして深田恭子が…

最新ニュース
深田恭子(グレート清子役)/『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C) 万城目学/集英社
  • 深田恭子(グレート清子役)/『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C) 万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』クランクイン会見
  • 深田恭子(グレート清子役)/『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C) 万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』クランクイン会見(濱田岳)
  • 『偉大なる、しゅららぼん』クランクイン会見(岡田将生)
  • 『偉大なる、しゅららぼん』クランクイン会見(濱田岳、岡田将生、ひこにゃん)
「プリンセス・トヨトミ」、「鴨川ホルモー」の作者として人気を博す作家・万城目学が手がけた人気小説を、濱田岳と岡田将生のW主演を迎えて贈る『偉大なる、しゅららぼん』。このほど、本作の新たなキャストとして深田恭子が参加していることが明らかとなった。

琵琶湖畔の街・石走(いわばしり)に代々暮らし、“不思議な力”を伝承してきた一族。その一族の未来を担う跡取りたちの出会いが、街や歴史をも巻き込む大騒動を巻き起こしていくさまを描いた本作。濱田さんは、“不思議な力”を継承する日出家の跡取りでもあり最強の力の持ち主とされる “ナチュラルボーンお殿様”な高校生・淡十郎を、岡田さんは、高校入学を機に分家から日出一族の本家に居候し、淡十郎に、そして宿命に振り回され戸惑う高校生・涼介を演じている。

今回、明らかとなった深田さんの参加。演じる役どころはというと、濱田さん扮する淡十郎の姉・日出清子。白馬に跨り、地を駆けるさまはまさに凛々しい闘う女。しかし、あまりに能力が強すぎるため、社会生活に馴染めず、城に引きこもり、謎が多く、言葉も乱暴で、自分勝手なようにも見えるが、その態度には理由があり…と、どうやら一癖あるキャラクターのようだ。

そして、彼女の口から発せらる言葉も「わたしが、フルボッコにする」と穏やかなものではなく、淡十郎や涼介を振り回し、付いた通り名は“グレート清子”。何とも万城目氏が生み出したキャラクターらしく、間の抜けながらも摩訶不思議な魅力をもった女性のようだ。

今回の役を受け、深田さんは「清子は乱暴な言葉遣いでびっくりするようなセリフも言いますが、日出家に代々伝わる不思議な力を持ち、誰よりも強いとされる謎の多い女性です。また、引きこもりなのに馬を乗り回すという役どころのため、今回は乗馬にも挑戦しています。撮影が進むにつれ、マレーボ(馬の名)の気持ちが分かるようになるほど、大好きになった乗馬シーンも楽しみにしてください」。

さらに、「1か月弱の琵琶湖周辺でのオールロケ撮影でしたが、共演者の皆様とも本当に仲良くしていただいて、すべてがあまりにも楽しくて帰りたくないほどでした。共演させていただいた濱田さんと岡田さんは、いつもお二人が本番前に、学ランの一番上のボタンをお互いに留めあっていて、その様子がとても可愛らしく、微笑ましく見ていました」と役柄とは打って変わったいつも通りの深田さんのコメントを寄せてくれている。

果たして、深田さんがどこまで“ぶっ飛び”キャラを演じているのか? そのギャップに注目したい。

『偉大なる、しゅららぼん』は2014年春の公開を予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top