『ローン・レンジャー』ヘレナ・ボナム=カーターが語る 「赤」が彩る謎の女の魅力とは?

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、製作のジェリー・ブラッカイマー、ゴア・ヴァービンスキー監督が再タッグを組んだ話題作『ローン・レンジャー』。

最新ニュース スクープ
レッド(右)&トント(左奥)&ローンレ・レンジャー(左手前)/『ローン・レンジャー』 -(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
  • レッド(右)&トント(左奥)&ローンレ・レンジャー(左手前)/『ローン・レンジャー』 -(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
  • ジョニー・デップ(悪霊ハンター・トント役)/『ローン・レンジャー』-(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
  • ヘレナ・ボヘム=カーター(レッド役)/『ローン・レンジャー』-(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
  • アーミー・ハマー(ローン・レンジャー役)/『ローン・レンジャー』-(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
  • トム・ウィルキンソン(“鉄道王”レイサム・コール)/『ローン・レンジャー』-(C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
  • 『ローン・レンジャー』-(C) (C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、製作のジェリー・ブラッカイマー、ゴア・ヴァービンスキー監督が再タッグを組んだ話題作『ローン・レンジャー』。個性的な登場人物ぞろいの本作で、勝ち気な女性レッドを演じているヘレナ・ボナム=カーターが役柄の魅力を語ったコメントと、出演シーンの劇中ビジュアルが到着した。

少年時代の事件が原因で復讐に燃える悪霊ハンターのトントは、自らの悲願のため、瀕死の男・ジョンを蘇らせる。ジョンは法に基づく正義を求め、復讐のためには手段を選ばないトントと対立する。しかし、愛する者を奪われたとき、彼はマスクを着けた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として、トントと共に巨悪に立ち向かう。

本作でヘレナが演じたのは、義足に銃を仕込んだレッド・ハリントン。解禁されたビジュアルには、トント、ローン・レンジャーと机を挟んで向き合う姿が写し出されているが、2人との関係や義足に仕込んだ銃がどんなものなのかなどは、謎のまま。 “レッド”の名の通り、“赤”を基調にした衣装と燃えるような赤毛が印象的だ。

アカデミー賞で2度のノミネート経験を持ち、『レ・ミゼラブル』のマダム・テナルディエ、『ハリー・ポッター』シリーズのベラトリックス・レストレンジ、『英国王のスピーチ』のエリザベス王妃など、多彩な役を演じてきたヘレナ。

今回、このレッドという役を引き受けた理由については、「義足をつけた南部の女主人のオファーなんて、これまで一度も受けたことがなかったから」と話し、やはりインパクトのある役柄に惹かれた様子。

「エキゾティックで、しかも可動式の娯楽施設の経営者よ。ビジネス相手のほとんどが鉄道建設の労働者だから、彼女の店も延びていく鉄道についていくの。パワフルで率直に話をする現実主義者よ」と、レッドの魅力を語っている。

主演のジョニー・デップは、私生活のパートナーであるティム・バートン監督の盟友。これまでにも『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『アリス・イン・ワンダーランド』など5作品で共演しており、ジョニーとの仕事であることも理由の一つになっているはずだ。個性的な役柄を演じ続けてきたヘレナが、今回は一体どんな魅力を放つ女性像を見せてくるれるのか、ぜひ注目してほしい。

『ローン・レンジャー』は8月2日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top