大ピンチ!? 『SPEC ~結(クローズ)~』後編が全然完成していない?

堤幸彦監督が11月1日(金)、『SPEC ~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇~』の初日舞台挨拶に登壇し、「実は『爻ノ篇』は全然できておりません。かなりマズイ…(苦笑)。ここでしゃべっている場合じゃない」と状況報告し…

最新ニュース
戸田恵梨香&加瀬亮&竜雷太&向井理&大島優子&堤幸彦(監督)/『SPEC ~結~漸ノ篇~』初日舞台挨拶
  • 戸田恵梨香&加瀬亮&竜雷太&向井理&大島優子&堤幸彦(監督)/『SPEC ~結~漸ノ篇~』初日舞台挨拶
  • 加瀬亮/『SPEC ~結~漸ノ篇~』初日舞台挨拶
  • 戸田恵梨香/『SPEC ~結~漸ノ篇~』初日舞台挨拶
  • 向井理/『SPEC ~結~漸ノ篇~』初日舞台挨拶
  • 大島優子/『SPEC ~結~漸ノ篇~』初日舞台挨拶
堤幸彦監督が11月1日(金)、『SPEC ~結(クローズ)~漸(ゼン)ノ篇~』の初日舞台挨拶に登壇し、「実は『爻ノ篇』は全然できておりません。かなりマズイ…(苦笑)。ここでしゃべっている場合じゃない」と状況報告し、主演の戸田恵梨香&加瀬亮を焦らせた。

東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶には堤監督、戸田さんと加瀬さんに加えて、共演する竜雷太、向井理、大島優子が登壇した。『漸ノ篇』鑑賞直後のファンは、早く『爻ノ篇』が観たいという気持ちに駆られており、堤監督の発言には心配そうな表情。

それでも、当の堤監督は「編集中の映像を自分で見ても、ビックリするほどものすごい作品になっている。いまも100人以上のスタッフが働いているので、きっと素晴らしく仕上げてくれると確信している」と力強いアピールした。

警視庁公安部の特殊捜査官・当麻紗綾(戸田さん)と瀬文焚流(加瀬さん)が、“SPEC”と呼ばれる特殊能力を持った犯罪者に立ち向かう人気連続ドラマ「SPEC」のシリーズ完結編。昨年公開された「劇場版 SPEC 天」に登場した“シンプルプラン”“ファティマ第三の予言”といった数々の謎が明らかになる予定だ。

この日の舞台挨拶では、登壇者全員が本作を漢字一文字で表すことに。まず、戸田さんは“終”を選び、「シリーズの終わりはもちろん、女優としての私の第一ステージが終わった。今後『SPEC』は仕事をする上での一つの基準になるだろうし、ここから新たなステージを歩いていくんだなという思い」。一方、加瀬さんは“半”を選んで「さみしさ半分、晴れやかな気分が半分です」といまも気持ちの整理がつかない様子だ。

前作『SPEC ~天~』のラストに登場した白い男・セカイを演じる向井さんは、そのものズバリ“白”をチョイス。そしてカギを握る謎の女役の大島さんは、やはり直球に“謎”を選び、「ファンだったので、嬉しいと同時に緊張の現場。堤監督には、女優としての幅を作ってもらった」とコメント。竜さんと堤監督は仲良く“完”を選んだが、果たして、11月29日(金)公開までに、本編は完成するのか?

『SPEC ~結~漸ノ篇~』は公開中、『爻ノ篇』は11月29日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top