やんちゃ坊主? いたずらっ子? 真面目? 共演陣が海老蔵の素顔を暴露!

市川海老蔵・主演の『利休にたずねよ』の完成披露試写会が11月5日(火)都内劇場で開催。共演の中谷美紀、伊勢谷友介、クララ、川野直輝により現場での海老蔵さんの素顔が暴露され、そのやんちゃぶり(?)が明かされた。

最新ニュース レポート
『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 市川海老蔵&中谷美紀/『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
  • 『利休にたずねよ』おもてなし完成披露試写会
市川海老蔵・主演の『利休にたずねよ』の完成披露試写会が11月5日(火)都内劇場で開催。共演の中谷美紀、伊勢谷友介、クララ、川野直輝により現場での海老蔵さんの素顔が暴露され、そのやんちゃぶり(?)が明かされた。

山本兼一の直木賞受賞の同名小説を映画化。若き日の知られざる恋をきっかけに日に目覚め、茶道を大成していくことになる千利休の生涯を描く。

織田信長役で海老蔵さんと2006年の『出口のない海』以来の共演を果たした伊勢谷さんは「7年ぶりの“伊勢海老”コンビだったんですが(笑)、7年経って、彼は結婚して子どもも生まれて家も建てて、僕は変わってないんだけど、(海老蔵さんは)中身が変わったのかな? と思ったら全く変わってなかった。僕の控室に来てベローンと自分の部屋のようにいて、それが嬉しかったです」とふり返る。

利休の運命に大きく関わる高麗の女の役を演じた韓国人女優のクララさんは、海老蔵さんを「ひと言で言うといたずらっ子」と評す。「冗談ばかり言ってて、でも撮影に入ると自分だけ集中してしまうので、付いて行くのが大変でした(苦笑)」と恨み節。それでも「たくさん学ばせてもらいました。1分前まで笑っていたのに集中し、没頭してしまう。これぞ演技者だなと思いました」と称賛を込めて語った。

利休の弟子の山上宗二を演じた川野さんは「師匠に所作を教えていただきました」と海老蔵さんを師と仰ぐ。裾の長い袈裟を着ての立ったり座ったりの動作について、海老蔵さんから学んだようで「何度も立ち上がれなくなって、ご指導いただきました」と感謝を口にした。

そして妻の宗恩を演じた中谷さんは「海老蔵さんはやんちゃ坊主です」とニッコリ。「残念ながら夜の海老蔵さんについては存じ上げませんが(笑)、昼の海老蔵さんは真面目です! 常に15分前行動なんです。誰よりも早くスタジオに現れてみんなを引っ張ってくれました」と意外な素顔を明かした。

そんな“妻”について海老蔵さんは「私も中谷さんも、お茶をたてて、スタッフさんに菓子を召し上がっていただくなど休憩中に“おもてなし”をしていましたが、これは妻に『あんたもやれ』と無理強いされてやっていたこと(苦笑)」と明かすなど、現場では中谷さんの尻に敷かれていたよう?

「所作事にすごく厳しくて、本番直前でもちょっとでもズレたりしていると、着物の裾を引っ張ってくるんです。私も『中谷さんが奥さんでよかったな』と支えていただいて感謝しております」と礼を口にしていた。

『利休にたずねよ』は12月7日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top