ベン・スティラーが贈る“共感”ムービー『LIFE!』ポスタービジュアル公開

退屈な毎日を過ごしていた平凡な男が、新たな人生の一歩を踏み出す感動作『LIFE!』(2014年3月公開)。このたび劇場用ポスターが、世界に先駆けて日本初解禁となった…

最新ニュース
世界に先駆け日本初公開『LIFE!』劇場用ポスター -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 世界に先駆け日本初公開『LIFE!』劇場用ポスター -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 世界に先駆け日本初公開『LIFE!』劇場用ポスター -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • ベン・スティラー -(C) Getty Images
  • ベン・スティラー -(C) Getty Images
退屈な毎日を過ごしていた平凡な男が、新たな人生の一歩を踏み出す感動作『LIFE!』(2014年3月公開)。このたび劇場用ポスターが、世界に先駆けて日本初解禁となった。

実はこのポスターは日本制作の特別仕様だが、監督&主演のベン・スティラー本人が大いに気に入ったことで、世界各国でも採用されることが決定。また日本では、『悪の法則』(11月15日公開)上映前に、15日(金)より3日間限定で、スティラーのコメント入り7分間の特別映像が上映されることになった。

雑誌「LIFE」の写真管理部に務めるウォルター(ベン・スティラー)は、何ひとつ変化のない日々を繰り返していた。唯一の楽しみは、虚しい現実から逃避して突飛な空想に浸ることだけ。そんな中、「LIFE」誌の廃刊が決定。最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気づいたウォルターは一大決心をして、カメラマンを捜す旅に出ることに。その波乱万丈な道のりは、彼の人生を一変させることになる…。

今年5月にラスベガスで行われた興行主向けの新作発表会“シネマコン”で、13分間のフッテージ映像が大きな注目を浴び絶賛された本作。すでに来年のアカデミー賞有力とも呼び声が高い。夢も人生も諦めていた平凡な男が、驚きと刺激に満ちた現実に身を投じることで、新たな自分を再発見する感動の旅物語は、まさに“事実は小説よりも奇なり”のごとく、どんな空想をも超えるほどに波乱万丈。モノクロだった彼の人生が、やがてキラキラと輝き始める瞬間を描き出していく。

本作の監督、主演はベン・スティラー。『ナイト・ミュージアム』シリーズでコメディアン俳優としてのイメージが強いが、ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク共演の青春群像劇『リアリティ・バイツ』、ロバート・ダウニーJr.らハリウッドスター共演の異色コメディ『トロピック・サンダー/史上最悪の作戦』などで監督としての卓越した才能も実証済みだ。

そして、ベンの脇を固めるのは豪華なオスカー俳優たち。物語の鍵を握るカメラマン役には、『ミスティック・リバー』、『ミルク』のショーン・ペン。ウォルターの母親役は、『アパートの鍵貸します』、『愛と追憶の日々』のシャーリー・マクレーンが務めている。

ポスターに記された、“この映画には、「!」がある”のキャッチコピーのように次々と巻き起こる想像を超えた出来事に、いつしか胸が弾み、深い共感を覚えずにいられない本作。ひょっとしたらウォルターはあなた自身なのかもしれない…!?

『LIFE!』は2014年3月、TOHOシネマズ、日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top