瀧本美織×V.I from BIGBANG×本郷奏多でラブストーリー…UULAドラマ「指恋」

女性たちの願望や憧れを映像化し、ヒットを続けている、スマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」のドラマ。このほど、スタジオジブリの『風立ちぬ』でヒロイン役の声優に抜擢され注目を集めた女優・瀧本美織を主演に…

最新ニュース スクープ
瀧本美織×V.I (from BIGBANG)×本郷奏多/UULAオリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」
  • 瀧本美織×V.I (from BIGBANG)×本郷奏多/UULAオリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」
  • 瀧本美織&本郷奏多/UULAオリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」
  • 瀧本美織×V.I (from BIGBANG)/UULAオリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」
女性たちの願望や憧れを映像化し、ヒットを続けている、スマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」のドラマ。このほど、スタジオジブリの『風立ちぬ』でヒロイン役の声優に抜擢され注目を集めた女優・瀧本美織を主演に迎えた、新作オリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」が12月より独占配信されることが明らかとなった。

本作で瀧本さんが演じるのは、話下手で恋愛も奥手な21歳の女子大学生・美羽。同級生・正樹(本郷奏多)に、3年間もの間、ただ想いを募らせていた。大学内のアイドルである彼に想いを伝えるなんて無理! 危険が潜む恋に飛び込むよりも、遠くからただ眺めているだけでいいと…。

そんなある日、ホームステイで美羽の家にやってきた、韓国人・スンホ(V.I from BIGBANG)と出会うことで美羽の状況に変化が訪れる。スンホにいきなり頼まれたのは、日本語を話すことはできるが、文字を書くことができない彼の代わりに、初恋の日本人へ送る“ラブメール”を代わりに打ってほしいというのだ。

彼女への想いを言葉にする彼との奇妙な共同作業を続けていくうちに、美羽は憧れの正樹への想いを膨らませていく。そして想いを伝える為に、不器用ながらも少しずつ変わり始めていくのだが――。

瀧本さん演じるヒロイン・美羽の“憧れのカレ”正樹役には、若手人気俳優の本郷さん。そして、美羽の家にホームステイをすることとなる韓国人・スンホ役には、全世界を席巻中のモンスターグループ「BIGBANG」のメンバーであり、日本でのドラマ出演は「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」以来2作目の出演となるV.I。さらに寺島進、片桐仁(ラーメンズ)、菜々緒、YOUといった個性豊かな豪華俳優陣がキャスティングされている。

さらに、瀧本さんを始めとするキャスト3名からのコメントも到着。

瀧本さんは、「好きなひとに積極的になれず、私なんて…って思ってしまっている女の子です」と自身の役を語る。撮影現場では、「最初の頃、輪に入れずみんなを遠くから見つめている美羽ちゃんを演じているときは本当に寂しくなりました(笑)。でも、現場で22歳の誕生日をお祝いしてもらいました」。

さらに、「人を好きになるということは傷つくこともあるけど、だからこそ前に進めるし大切なひとが側にいることを気づかせてくれるんだと思います。切ないだけじゃなくコミカルなところもあるので、いつも側にあるスマホでこの物語を楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

「日本のスタッフのみなさんと一緒に盛り上がりながら撮影をしたので、いろんなことを教えてもらうことができ、すごく勉強になりました」というのは、スンホを演じた「BIGBANG」のV.I。「日本語も毎日勉強して、しっかり発音やニュアンスなど、視聴者のみなさんに届くように一言一言練習したので上手くいったんじゃないかと思います」と自信を覗かせるコメント。

また今回のドラマの主題歌も担当したようで、「(主題歌)『空に描く思い』もチェックしてください」とも。

最後は本郷さんから。撮影では「特に台詞の定まっていないデートシーンなんかも多く恥ずかしかったです」と語るが、「通常のドラマと違って好きなタイミングで視聴することができるので、落ち着いた環境で観ていただければ、より一層入り込めるのではないかと思います。美羽の気持ちになって、ドキドキしながら観てもらえたら嬉しいです」とUULAドラマならではの楽しみ方も伝授してくれた。

世の独身女性の7割以上が「好きな人はいるけど、想いを伝えることも出来ていない」(※マイナビウーマン調べ)というのが現実にあるようだが、クリスマスなどイベント満載の年末を前に、このドラマで勇気をもらってみては?

オリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」は、12月4日(水)よりUULAにて独占配信。(※全12話)
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top