窪塚洋介「新くんとまた仕事したかった」 井浦新との11年ぶり共演は和気あいあい

井浦新と窪塚洋介が『ピンポン』以来の共演を果たした『ジ、エクストリーム、スキヤキ』が11月23日(土・祝)に公開を迎え、都内劇場で井浦さん、窪塚さん、市川実日子、倉科カナ、前田司郎監督による舞台挨拶が行われた。

最新ニュース
井浦新&窪塚洋介&市川実日子&倉科カナ/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 井浦新&窪塚洋介&市川実日子&倉科カナ/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 井浦新&窪塚洋介&市川実日子&倉科カナ&前田司郎監督/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 窪塚洋介/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 井浦新/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 倉科カナ/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 市川実日子/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 井浦新/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
  • 窪塚洋介/『ジ、エクストリーム、スキヤキ』初日舞台挨拶
井浦新と窪塚洋介が『ピンポン』以来の共演を果たした『ジ、エクストリーム、スキヤキ』が11月23日(土・祝)に公開を迎え、都内劇場で井浦さん、窪塚さん、市川実日子、倉科カナ、前田司郎監督による舞台挨拶が行われた。

演劇、小説の世界で目覚ましい活躍を見せる前田司郎が自ら手がけた脚本で、映画監督デビューを果たした本作。かつての青春を取り戻すかのように、絶縁状態だった学生時代の友人たちが旅をする様を描き出す。

井浦さんは「今年の頭に製作して、いよいよ今日、飛び立ちます」と初日を迎えた感慨を口にする。前田監督の演出について「映画には珍しく稽古をしっかりとやりましたね。2週間くらいガッチリとやりました。監督の作った世界観を役者で温度調節していくという、なかなか映画ではないやり方だったと思います」と語った。

窪塚さんは、前田監督が書き下ろした原作単行本を手に登場し、しっかりとアピール。監督の書いた脚本について「『、』で始まったりしていて、最初は誤植かと思ったけど、そういう空気感が狙いだった。監督と仕事してみたい、新くんとまた仕事してみたいという思いで脚本を読んでみたんですが、メチャクチャ面白かったです。カメラが回ってるときも回ってないときも現場の空気は変わらない、和気あいあいとした感じでした」とふり返った。

市川さんは「最初の本読みで、監督が『この台本には何もないです。見たお客さんが一緒に旅をしてくれるような話にしたい』と仰ったので、とにかく楽しもうと思いました」と述懐。特に当時、クルクルパーマだった窪塚さんの髪型に触れ、窪塚さんに元世界チャンプの具志堅用高のモノマネをさせていたことを明かし、この日も壇上で窪塚さんがシャドーボクシングを繰り広げるなど、仲の良い様子をうかがわせた。

倉科さんは、自身の青春時代について問われると「申し訳ないんですが、10代から仕事で青春時代がなかった。だからこの映画で『なんて楽しいんだろう!』って思いました」とこの映画で送れてきた青春時代を満喫したと笑顔で明かした。

前田監督は、2日前に父親が亡くなったことを明かし「昨日、父との思い出を書き出して見たんですが、原稿用紙7~8枚にまとまってしまいました。まだ生きている人とならまた会うことができ、思い出ができていくという、この映画とシンクロして感慨にふけりました」と明かす。

自らの初監督ぶりについて「素人なんで、もっと素人っぽく撮ったらよかったのに、ソツなく上手に撮ってしまった」と自画自賛? 市川さんは「初日でも全然、緊張してなかった」と語り、窪塚さんは「普通はモニターのところにいるのに、カメラの横にずっといて、すごいなと思った」と語ったが、当人は「(モニターを見るということを)知らなかったんです」と苦笑。

窪塚さんからはさらに「カメラの横で妙に動くから気が散る!」、井浦さんからも「笑うのを堪えていましたよね?」とクレームが入り、前田監督は「笑うと音が入ってしまうということも気づいてなくて、助監督に怒られました…(苦笑)」と現場でのど素人ぶりを明かし、劇場は笑いに包まれた。

『ジ、エクストリーム、スキヤキ』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top