水川あさみ、アラサー女子刑事を熱演!新ドラマ『東京スカーレット~警視庁NS係』7月スタート

128:水川あさみが、7月15日(火)22時よりスタートする新ドラマ『東京スカーレット~警視庁NS係』(TBS系列)で主演を務めることがわかった。

最新ニュース
水川あさみが、7月15日(火)22時よりスタートする新ドラマ『東京スカーレット~警視庁NS係』(TBS系列)で主演を務めることがわかった。

同作は、警視庁捜査一課に新設された「NS係」を舞台に、水川演じる、刑事としての使命感とアラサー女子としての悩みを持ち併せる主人公・鳴滝杏(なるたきあん)と、生瀬勝久演じる、暗い過去がありグレーな捜査方法も厭わないやさぐれ刑事・阿藤宗介(あとうそうすけ)のコンビが事件解決に挑む刑事ドラマ。シリアスかつユーモアに溢れた刑事たちが遭遇する事件を通して、2020年の東京オリンピックに向けて変わっていく東京の“過去・現在・未来”を描く、一話完結型の完全オリジナル作品となっている。

久々に刑事役を演じる水川は「今までにない女性刑事を面白く演じられれば」と意気込みを見せる。自身を“感性で芝居をするタイプ”と評する生瀬は「お決まりの芝居はしたくない。ステレオタイプは嫌いなので、皆さんが想像していていない阿藤をお見せしたいです」とコメント。そんな生瀬に、水川は「二枚目の役ということで、とても楽しみ」と信頼を寄せている。

また、共演者にも実力派俳優が勢揃い。NS係を率いる係長・出町いずみに刑事ドラマ初レギュラーのキムラ緑子が、NS係のメンバーに菅原大吉と近藤公園が、そして彼らを厳しくも温かい眼差しで見守る捜査一課長・岩井十三に中村雅俊が決定している。水川は「キムラさんも中村さんも、どんなことをしても受け止めてくださると思います。すばらしい先輩方に囲まれてジタバタしたいです(笑)」と、生瀬も「キムラさんは学生時代からよく知る仲ですが、それ以来の共演なので約30年ぶりですかね。中村さんとも久々です。皆さんとのセッションは今から非常に楽しみです。いろいろ仕掛けていきたいです」と、それぞれ期待に胸を弾ませる。

事件もののドラマが多く制作されている昨今、須藤泰司プロデューサーは「何をすると新しいのか」を試行錯誤した結果、「刑事ドラマとは、事件とそれに関わる刑事のキャラクターが魅力的であることが一番」というシンプルな結論に辿り着いたという。キャスティングについても「無駄のない、実に美しいキャスティングです。暑い季節、ウィークデイの22時、明日になる少し前の時間を一緒に過ごしたいと思うような素敵なメンバーが揃いました。どうぞご期待下さい」と、視聴者にメッセージをおくっている。

■火曜ドラマ『東京スカーレット~警視庁NS係』
2014年7月15日(火)スタート
毎週火曜22:00~22:54(TBS系列)

【出演】水川あさみ、生瀬勝久、菅原大吉、近藤公園、キムラ緑子、中村雅俊
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

特集

page top