【恋愛シネマニア】王子だけじゃない!マレフィセントからも愛される“オーロラ姫”の魅力とは?

数あるディズニープリンセスのお話しの中で、あなたはどのプリンセスに憧れを抱きますか?

最新ニュース
「眠れる森の美女ダイヤモンド・コレクション MovieNEX」 -(C)2014 Disney / 『マレフィセント』 -(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 「眠れる森の美女ダイヤモンド・コレクション MovieNEX」 -(C)2014 Disney / 『マレフィセント』 -(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『マレフィセント』 -(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 「眠れる森の美女ダイヤモンド・コレクション MovieNEX」 -(C)2014 Disney
  • 「眠れる森の美女ダイヤモンド・コレクション MovieNEX」 -(C)2014 Disney
  • 『マレフィセント』 -(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 「眠れる森の美女ダイヤモンド・コレクション MovieNEX」 -(C)2014 Disney
  • 「眠れる森の美女ダイヤモンド・コレクション MovieNEX」 -(C)2014 Disney
  • 『マレフィセント』 -(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
数あるディズニープリンセスのお話しの中で、あなたはどのプリンセスに憧れを抱きますか?

白雪姫やシンデレラのような運命的な出会いから、ベルやアリエルのようなギャップありきの急展開まで、その恋愛模様はプリンセスによって様々。彼女たちにはそれぞれ、王子様だけでなくあらゆる登場人物たちから愛される“カリスマ性”がありますよね。

中でも特に、そんなカリスマ性に長けているのが『眠れる森の美女』のオーロラ姫です。森で育ったピュアな人柄と人の心を惹きつける歌声、さらにスレンダーな身体とふわふわのゆる巻きロングヘアーというピカイチの美しさは、世の女性の憧れですよね。彼女の生誕のお祝いには、国中の人たち、そして妖精までもがお城へ駆けつけたという位ですから、その人気は生まれながらにしてと言っても過言ではないでしょう。


■『眠れる森の美女』で
     フィリップ王子の心を一瞬にして掴んだブライア・ローズ


ディズニー・アニメーション『眠れる森の美女』では、生誕のお祝いに招かれなかった怒りとして、魔女・マレフィセントがオーロラ姫に「16歳の誕生日の日没までに糸車の針で指を刺して死ぬ」という呪いをかけることから物語が展開。

そんな呪いから姫をなんとかして守り抜くため、3人の妖精は森の中でひっそりと、姫をブライア・ローズという名前で育てることを誓います…「絶対に、知らない人と会話をしてはならない」そう強く言い聞かせて育ててきたにも関わらず、運命とはイタズラなもので、ローズは16歳になったその日に、森の中で運命的にフィリップ王子と出会ってしまうのでした。

ココで注目すべきは、王子の心を瞬時に掴んだのは、あくまで“16歳のローズ”だという点。フィリップは、森の中でローズ(※実は許嫁のオーロラ姫)の歌声に魅せられ、名前もしらない彼女に“一目見た瞬間”に恋に落ちてしまうのですが、実は彼はオーロラ姫が生まれたとき、隣国の王子としてお祝いにかけつけ、一度彼女の姿を目にしているのです。

その時、生まれたばかりのオーロラを見て、子どもだったフィリップ王子は、ちょっぴりうんざりした顔をしているのですよ(そこは笑顔じゃないの!? 笑)。運命の出会いはタイミングも重要。前に1度出会っていても、再会のタイミングによって、それは真実の愛へつながる“運命の出会い”になるんです。

そんなフィリップが突然オーロラの手を取り、歌いながら気を引こうとするシーンも見どころです!

最初は消極的だったオーロラもフィリップの積極的な行動に負け踊りだす、そして眺めのいい場所で2人っきりに…。注目すべきは、次の約束を取り付けようとするフィリップに対し、「もう会えないわ」とその場を立ち去ろうとするオーロラの行動ですよね。無意識に使っている“ジラす”行為は、多くの男性の心をひきつけるポイントではないでしょうか。

そんな魅力的な女性だからこそ、フィリップの愛はマレフィセントとの決闘にまで駆り立てるまでになったんですね。同じ女性として、見習うべき点がたくさんありますね。オーロラ姫の生き方には、私たちが現実世界で使える、恋愛指南が至る所に隠されているのです。


■マレフィセントが呪いをかけた本当の理由…
      今まで描かれなかった、オーロラとの秘密の関係が明らかに!


オーロラ姫の魅力をさらに紐解くためには、7月5日(土)公開の映画『マレフィセント』の存在も忘れてはなりません。私たちが子どもの頃から、漠然と「彼らは悪役なのだ」と思い込んできたディズニーヴィランズに対する見方が180度変わる、衝撃の作品がついに公開となります。

『眠れる森の美女』には決して描かれることのなかった壮大な裏話。本作の主人公となるのは、オーロラに呪いをかけた張本人・マレフィセントです。実は彼女がオーロラに呪いをかけたのには、「お祝いに招かれなかったから」以外にもう一つ大きな理由が存在したのでした。その恨みから、衝動的に呪いをかけてしまったマレフィセントは、オーロラが16歳になるまでの間、ずっとじっとひっそりと……その成長を見守り続けます。

ココでぜひ着目して頂きたいのが、当初“恨み”でしかなかったオーロラへの感情が、段々と“愛情”に変わっていく過程です。悪役に徹するつもりでそばにいたマレフィセントに対し、オーロラが「いつも私のことを見守ってくれている影があった」と感謝の気持ちをストレートにぶつける場面、そこから物語が大きく動くことになります。

人を疑わない純粋無垢な瞳、人間とは違う見た目の妖精や獣たちに対しても決して偏見を持たない温かい心…それらを持ち合わせたオーロラだからこそ、憎しみで曇ってしまったマレフィセントの目を覚ますことができたのではないでしょうか。相手がどんなに“悪役”っぽくても(笑)、そうと決めてかからない純真さを、私たちはいつの間にか忘れてしまっているかもしれませんね。

邪悪な妖精マレフィセントも、元を辿ればひとりの女性に過ぎないのだということが、痛い位に伝わってくる重要なシーンとなっていますので、お見逃しのないようにご覧くださいませ。

悪役・マレフィセントの視点で描かれている“禁断の呪い”が生んだ究極の愛の物語。…アンジェリーナ・ジョリー主演の話題作『マレフィセント』。そしてディズニー・アニメーションが誇る最もロマンチックなプリンセスストーリー『眠れる森の美女』。両作品の“真実の愛”のカタチを感じれば、きっとあなたの求める“True Love's Kiss”が見つかるはず。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

特集

page top