【予告編】スカヨハ主演『LUCY』、人気声優の神谷浩史がナレーションで参戦

最新ニュース

劇場予告ナレーションに初挑戦した神谷浩史/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • 劇場予告ナレーションに初挑戦した神谷浩史/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • スカーレット・ヨハンソン/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • スカーレット・ヨハンソン×リュック・ベッソン/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • 【予告編】スカヨハ主演『LUCY』、人気声優の神谷浩史がナレーションで参戦
現在公開中の『her/世界でひとつの彼女』では、“声だけ”の出演ながら主人公のみならず観客たちをも魅了しているスカーレット・ヨハンソンが、リュック・ベッソン監督との初タッグで臨むアクション・エンターテイメント大作『LUCY/ルーシー』。このほど、「アニメファンが好きな声優ランキング2014」(キャラペディア調べ)男性部門で見事1位に輝いた人気声優の神谷浩史が初めてナレーションを務めた、60秒の劇場予告編映像が解禁となった。

ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれ、体内にある物質の入った袋を埋めこまれてしまう。やがて、その物質が体内で漏れ出すアクシデントにより、彼女の脳は、“覚醒”し始めるのだった――。

『レオン』のナタリー・ポートマン、『ニキータ』のアンヌ・パリロー、『フィフス・エレメント』のミラ・ジョボヴィッチと、後世に残るヒロインを常に描き続けてきたベッソン監督が、次に選んだのは、2013年度「世界で最もセクシーな女優」にも選出され、出演作が目白押しのスカーレット・ヨハンソン。

ヨハンソンは、脳が100%へ向かって覚醒することで、次第に人智を超えた能力を発揮していくヒロイン・ルーシーを華麗なアクションを披露しながら演じ切り、さらに、アカデミー賞受賞のモーガン・フリーマンが、ルーシーの存在を見守る脳科学者・ノーマン博士役で脇を固めている。

今回、ナレーションを担当した神谷さんは、アニメ「進撃の巨人」のリヴァイ役や、「ONE PIECE」のトラファルガー・ロー役など、最強の力を持つキャラクターを多数担当してきた日本を代表する人気声優のひとり。アニメやゲーム、映画、テレビなど、さまざまな作品で活躍を見せているが、劇場予告のナレーションは本作が初挑戦となった。

映像の中、神谷さんのナレーションで語られるのは、10%しか機能していなかったルーシーの脳が徐々に覚醒していく様子。覚醒20%で、記憶力アップ。30%で、細胞をコントロール。40%、すべてが見える。そして50%…その想像を絶する強大なパワーは、制御不能に陥ってしまう、というものだ。



アフレコを終えた神谷さんは、「リュック・ベッソン監督の作品はいままでも観てきていますので、監督がどんな新たなアクション映画に仕上げているのかとても興味があります」とコメント。

さらに、突如能力に目覚めるキャラクターや強大な力を持つキャラクターの声を数多く演じてきただけに、「自分にとっては、何故そのキャラクターが人智を超えた能力を手にすることができたのか、その背景や過程に興味があります。それが分かると、キャラクターが立体的に見えてくるので、ルーシーも、なぜ普通の女の子だった彼女の脳が覚醒してしまったのか、そして彼女はどうなってしまうのか、本編ではその部分に注目したいです」と語り、ベッソン監督が描く最強のヒロイン・ルーシーの“覚醒”に期待を寄せた。

覚醒すればするほど、ルーシーは“人間らしさ”を失ってしまうのか。やがて、脳の覚醒が100%を迎えた彼女は、人類を救う存在となるのか? それとも…? ますます期待が高まる予告編映像と神谷さんの声を、まずはチェックしてみて。

『LUCY/ルーシー』は8月29日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top