小松菜奈&山本美月、“仲良し”白黒コーデで『近キョリ恋愛』初日挨拶

最新ニュース

小松菜奈&山本美月/『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶
  • 小松菜奈&山本美月/『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶
  • 小松菜奈/『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶
  • 山本美月/『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶
  • 山本美月&佐野和真/『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶
  • 小松菜奈/『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶
山下智久・主演の『近キョリ恋愛』初日舞台挨拶が10月11日(土)、都内で行われ、本作で共演した小松菜奈と山本美月が登壇。親友同士を演じ、仲良くなったと言う2人は小松さんが白、山本さんが黒で統一した“仲良し”コーディネートを披露した。

東京・お台場シネマメディアージュでの初日舞台挨拶には山下さん、小松さん&山本さんに加えて、共演する小瀧望(ジャニーズWEST)、佐野和真、熊澤尚人監督が出席した。映画はみきもと凜の人気少女コミックを原作に、美形ツンデレ教師・櫻井ハルカ(山下さん)とクールな天才女子高生・枢木ゆに(小松さん)が繰り広げる秘密の恋愛模様を描いたラブストーリーで、舞台挨拶の模様は全国76館で生中継された。

小松さんは「ナミちゃん(山本さん演じる親友・名波)と屋上で会話するシーンが好き。すごく乙女だなって」。実年齢では山本さんが5歳“お姉さん”だが「同級生っていう設定だし、私から小松さんに『タメ口でいいから』ってお願いした」と言い、「私は女子校だったので、映画を観てすごくキュンキュンさせてもらった」と笑顔でふり返った。

もちろん、この日の主役は山下さんで、その一挙手一投足に女性ファンが熱視線! 自身が演じたツンデレ教師については「自分の性格とだいぶ遠いので、すごく難しかったし、挑戦しがいがあった」と語ったが、司会者からツンデレ名台詞を求められると「もっと体温あげてやろうか、生意気ちゃん」「おいで」と役になりきり、会場のボルテージは最高潮に。

山下さんの後輩にあたる小瀧さんは「山下君を殴るシーンは緊張したが、思いきりやりました」。クラスメイトでナミの彼氏を演じる佐野さんは「現場で(カードゲームの)UNOをやったことが思い出」と話していた。

『近キョリ恋愛』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top