英国男子ダン・スティーヴンスの肉体美に“ガン見”必至! 『ザ・ゲスト』

ジョージ・クルーニーもファンを公言し、映画『アイアンマン3』にも登場するなど、人気を集める海外TVドラマ「ダウントン・アビー」でブレイクを果たし、いまや“第2のベネディクト…

映画
ダン・スティーヴンス/『ザ・ゲスト』 (C) 2013 Adam David Productions
  • ダン・スティーヴンス/『ザ・ゲスト』 (C) 2013 Adam David Productions
  • ダン・スティーヴンス/『ザ・ゲスト』 (C) 2013 Adam David Productions
  • -(C) 2013 Adam David Productions
  • ダン・スティーヴンス/『ザ・ゲスト』 (C) 2013 Adam David Productions
  • ダン・スティーヴンス&アダム・ウィンガード監督/『ザ・ゲスト』 (C) 2013 Adam David Productions
ジョージ・クルーニーもファンを公言し、映画『アイアンマン3』にも登場するなど、人気を集める海外TVドラマ「ダウントン・アビー」でブレイクを果たし、いまや“第2のベネディクト・カンバーバッチ”との呼び声も高い英国俳優ダン・スティーヴンス。

このほど、ダンの最新主演作『ザ・ゲスト』で披露した、“ガン見”必至の引き締まった“美”筋肉ビジュアルがシネマカフェに到着した。

本作は、イ・ビョンホン、チェ・ミンシク共演の韓国映画『悪魔を見た』のリメイク版に抜擢されるなど、ハリウッドのみならず世界が一目置く、『サプライズ』の監督アダム・ウィンガードと脚本サイモン・バレットのコンビが贈るスタイリッシュな“陶酔系”スリラー。

9月17日に全米公開されるや、映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では、93%の高評価を獲得(10月17日現在)しており、先日行われた第39回トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門にも出品され、好評を博した。

本作で、ある家族のもとに突然訪れた招かれざる“ゲスト”となる帰還兵・デイヴィッドを演じているのが、ダンだ。彼は、TVドラマシリーズ「ダウントン・アビー」や人気シリーズの最新作『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』、リーアム・ニーソン主演のサスペンススリラー『A Walk Among the Tombstones』(原題)など、次々に話題作に出演する英国俳優。

貴族社会の遺産をめぐる愛憎を描いた「ダウントン・アビー」では、優しく誰からも好かれそうな中産階級の好青年・マシューを演じているが、本作ではガラリと雰囲気を変え、容姿端麗で、礼儀正しく、謙虚で律儀なものの、時としてその姿から全く見合わない行動をとるミステリアスな男を好演する。

そんな本作での彼の姿に、「ダウンドン・アビー」のころと比べると「別人のように痩せた!」と思われる方も多いだろう。今回、帰還兵役を演じるにあたって、「かなり厳密な食事療法に取り組んだのと、ジムにもかなり通ったんだ。それから、格闘技のトレーニングもかなりやったし、武器のトレーニングもしたしね」と語るダン。

「一番役に立ったのは、格闘技の規律を学んだことで、それによって自分の中で、普段とは違う考え方をすることができたからね。それから、肉体的なトレーニングをすることが、どれだけキャラクターの心理を理解するのに影響するのかも学べたんだ。それが、すごく興味深かったね」と、肉体づくりが役づくりにもなったことを明かした。

彼の言葉を物語るように、今回解禁となった画像では、マッチョ過ぎず、程よく腹筋が割れた完璧ともいえる肉体美を披露! これは、ダン演じるデイヴィッドが訪ねた戦友・ケイレブの家で、ケイレブの妹アナ(マイカ・モンロー)と風呂上りに鉢合わせし、上半身裸の彼の姿に年頃の彼女が目のやり場に困っているというシーンだ。

気品漂う生粋の英国男子な上に、抜群の演技力と完璧な肉体美を披露するダン。世界的ブレイクを果たした友人のカンバーバッチに続く、実力派イケメン俳優として、これからも引く手あまたとなりそうだ。

『ザ・ゲスト』は11月8日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top