渋谷すばる、“生歌”披露で会場騒然! 映画上映後にサプライズで登場

最新ニュース

『味園ユニバース』完成披露試写会後に行われたサプライズライヴ
  • 『味園ユニバース』完成披露試写会後に行われたサプライズライヴ
  • 『味園ユニバース』完成披露試写会後に行われたサプライズライヴ
  • 『味園ユニバース』完成披露試写会後に行われたサプライズライヴ
「関ジャニ∞」の渋谷すばるが1月15日(木)、主演映画『味園ユニバース』の完成披露試写会で、映画上映後にサプライズでステージに登場し、劇中でも歌っている「ココロオドレバ」と主題歌「記憶」の2曲を熱唱。会場は興奮に包まれた。

『リンダリンダリンダ』『苦役列車』の山下敦弘監督による本作。渋谷さんは歌以外の記憶を失い、“ポチ男”と名付けられて二階堂ふみ演じるバンド「赤犬」のマネージャーに拾われる主人公を演じており、劇中でもその歌声を披露している。

映画の上映が終わると会場は温かい拍手に包まれたが、暗闇の中でスクリーンが上がると、そこには映画のタイトルがプリントされたTシャツを着た渋谷さんとこの日のために編成されたバンドメンバーの姿が。会場が驚きに包まれ、騒然とする中、渋谷さんはMCなしで「ココロオドレバ」を熱唱。力強い歌声と共に、大音量でハーモニカの音色も響かせた。

続いて、映画のエンドクレジットで流れる主題歌「記憶」も生で披露。歌い終えると渋谷さんは万感の表情で「ありがとうございました! 『味園ユニバース』をよろしくお願いします! いま、感じていることを一人でも多くの人に言いふらしてくれ!」と呼びかけ、バンドメンバーと共にステージを去った。

『味園ユニバース』は2月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top