板野友美、事務所の発表は「真実」と改めてTAKAHIROとの交際&婚約間近報道を否定!

最新ニュース

板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • 板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • キンタロー。&板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • キンタロー。&板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • 板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • キンタロー。/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • キンタロー。&板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • 板野友美/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
  • キンタロー。/『ビッグ・アイズ』公開直前イベント
ティム・バートン監督最新作『ビッグ・アイズ』の公開を前に1月21日(水)、“ゴースト”ペインターの存在を描いた物語にちなんで、ものまね(=ゴースト)で活躍するタレントのキンタロー。とモノマネされる側である板野友美がトークイベントに出席した。

60年代のアメリカで大きな反響を呼んだ絵画“ビッグ・アイズ”シリーズ。作家のウォルター・キーンは一躍、時の人となるが、実はその絵は全て内気な彼の妻が描いたものだった! 10年を経て妻は真実を世に告白しようとするが、ウォルターは天才的な嘘つきであり、やがて舞台は法廷へと移るが…。

板野さんは、作品をイメージし「60年代を意識した」というファッションで登場したが「いま着てもすごくかわいい!」とご満悦。一方、キンタロー。さんは劇中の絵の少女“ビッグ・アイズ”になりきって青いワンピースで登場した。

作品について板野さんは「実話ということに衝撃を受けました」と語る。キンタロー。さんは「フライングゲットで見ました!」とハイテンションで語り「(妻の)マーガレットに感情移入しました。アーティストとして自分の絵を子どものように思ってるけど、ダメ男に引っ掛かって…好き過ぎるあまりに口車に乗せられてしまって…」と熱く語る。

“ゴースト”といえば、モノマネを生業とするキンタロー。さんも、ある種のゴースト的存在と言える。この日も得意の前田敦子のモノマネを随所に差し込んでくるが、板野さんからは「もう(前田さんが)卒業して結構経つので、そのネタは卒業しては…?」と鋭い一撃!

キンタロー。さんは「痛い!」と顔をしかめつつ「まだやらせて! まだすがらせて!」と懇願する。「新ネタが見てみたい」という板野さんのリクエストに応えて、キンタロー。さんはタレントの鈴木奈々のモノマネを披露。その完成度に報道陣からも笑いが起き、板野さんも「似てます!」と絶賛した。

映画についてのキンタロー。さんの「言いたいことが言えない女性に観てほしい」というメッセージ、そして板野さんの「(マーガレットは)自分の口で言って、認めてもらおうとする。悩んでる方に勇気をくれる」というコメントに端を発し、報道陣の質問は、板野さんの交際に関する問題に集中。

以前より「EXILE」のTAKAHIROとの交際がウワサされ、「結婚間近」という報道もあったが先日、互いの名前は出さずに両者の事務所が正式に交際自体を否定した。板野さんは「私が言ったわけではないですから…」と“自分の口”ではなくあくまで事務所の発表と前置きしつつ、交際否定の内容が真実か? という問いに「そうですね」とうなずき、「真実はそれなので、ちゃんと伝えられたと思います」と語った。

『ビッグ・アイズ』は1月23日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top