【ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞】宮沢りえ“女優哲学”語る 宝石と女優は「同じ」

最新ニュース

宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 授与されたジュエリーをなかなかつけてもらえず爆笑する、宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 橋本環奈(10代部門)&桐谷美玲(20代部門)&深田恭子(30代部門)&宮沢りえ(40代部門)&片平なぎさ(50代部門)&伊藤蘭(60代以上部門)&May J.(特別賞女性部門)&哀川翔(男性部門)&高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
  • 宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
  • 宮沢りえ(40代部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」
今月21日(水)より東京ビックサイトで開催中の日本最大のジュエリー展「第26回 国際宝飾展 IJT2015」で、22日(木)、同所にて第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」の表彰式が行われた。

各世代別に“最もジュエリーが似合う著名人”を表彰する同賞。<40代部門>では、昨年、7年ぶりに映画主演作となった『紙の月』が、第27回東京国際映画祭において「最優秀女優賞」と「観客賞」を受賞したのを始め、現在、国内の数多くの賞レースでもその名が挙げられている、宮沢りえが受賞した。

この日、受賞者には数多くの高級ジュエリーが送られたが、宮沢さんはスピーチの第一声で「一度にこんなにご褒美をもらっちゃっていいのかな」と嬉しそうに頬を緩めた。

また、自らジュエリーのデザインをしているという宮沢さん。「素晴らしい石に出逢った時、その石がどんな山から発見されて、どんな人に研磨されて、輝くのだろうと想像するだけで楽しいですし、感動します」。

さらに、それらの石を自身と重ね、「私(女優)の仕事も同じだなって思っています。たくさんの役者さんの中から発見してくださる人がいて、作品を通して監督に研磨されて、私という人間が輝けるんだなって。だから、これからも出会いを大事にしていきたいと思っています」と独自の女優哲学を明かしていた。

宮沢さんのほか今年は、「Rev. from DVL」の橋本環奈(10代部門)、桐谷美玲(20代部門)、深田恭子(30代部門)、片平なぎさ(50代部門)、伊藤蘭(60代以上部門)とそれぞれの世代から“輝く”美女たちが受賞。

さらに、『アナと雪の女王』の日本語版エンドソングを歌い注目を集めたMay J.(特別賞女性部門)、哀川翔(男性部門)、元フィギアスケート選手の高橋大輔(特別賞男性部門)がゲストとして登壇した。

「第26回 国際宝飾展 IJT2015」は1月24日(土)まで東京ビックサイトにて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top