【ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞】高橋大輔、引退後の目標は“哀川翔”? 「あの座を狙えるように」

最新ニュース

緊張のあまり楽しくなってしまった、高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
  • 緊張のあまり楽しくなってしまった、高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
  • 橋本環奈(10代部門)&桐谷美玲(20代部門)&深田恭子(30代部門)&宮沢りえ(40代部門)&片平なぎさ(50代部門)&伊藤蘭(60代以上部門)&May J.(特別賞女性部門)&哀川翔(男性部門)&高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
  • 緊張のあまり楽しくなってしまった、高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
  • 緊張のあまり楽しくなってしまった、高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
  • 緊張のあまり楽しくなってしまった、高橋大輔(特別賞男性部門)/第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」表彰式
今月21日(水)より東京ビックサイトで開催中の日本最大のジュエリー展「第26回 国際宝飾展 IJT2015」で、22日(木)、同所にて第26回「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞」の表彰式が行われた。

各世代別に“最もジュエリーが似合う著名人”を表彰する同賞。<特別賞男性部門>には、元フィギアスケート選手の高橋大輔が輝いた。

日本人男子として初めてフィギアスケート日本人男子初のオリンピック・メダリスト(※2010年のバンクーバーオリンピック・男子シングル銅メダル)である高橋さんだが、昨年の4月、1年間の競技生活の休養を発表し、同年10月に惜しまれながら現役を引退した。

この日、女優やアイドルといった華やかな受賞者たちとともに同じステージに立った高橋さんは「毎年、毎年、どなたが受賞されるんだろうかと思って楽しみにしていたので、まさか僕が受賞するなんて思ってもみなくて、今ここで喋っていても実感がないというか…本当に僕が受賞したのかなと…」と試合とは全く異なる雰囲気に大緊張の様子。

話だしておよそ1分ーー「何を喋ろうかなとずっと考えていたのですが、ここに立った途端すべて吹っ飛んでしまいました…(笑)」と緊張がピークを迎え、楽しくなってきた様子。「最初で最後かもしれないので、好きなように喋らせて頂ければと思います!」と、さすがは世界の舞台を踏んだ男の肝の太さ見せた。

さらに「ジュエリーにどういう思い出があったかなと考えてみて、ジュエリーって女性にあげるものだとずっと思っていたんですね。ただ、よくよく考えたらですね…まだ一度たりともあげたことがないんです(苦笑)。次、新しく、この人といたいという女性と出逢った際にはジュエリーをプレゼントできるように頑張りたいです」と突然のカミングアウトに観客たちは「えぇ~!!」と驚きの声を上げた。

また、引退後のこれからについては「今年は次なるステップに向かう年。今回は哀川翔さん(男性部門)という素敵な男性が受賞されているのを間近で見れたので、今度は“あの座”を狙えるように、ここから次の目標に向かって輝いていければ」と胸の内を明かすと、会場は大歓声に包まれた。

高橋さんのほか今年は、「Rev. from DVL」の橋本環奈(10代部門)、桐谷美玲(20代部門)、深田恭子(30代部門)、宮沢りえ(40代部門)、片平なぎさ(50代部門)、伊藤蘭(60代以上部門)とそれぞれの世代から“輝く”美女たちが受賞。さらに、『アナと雪の女王』の日本語版エンドソングを歌い注目を集めたMay J.(特別賞女性部門)がゲストとして登壇した。

「第26回 国際宝飾展 IJT2015」は1月24日(土)まで東京ビックサイトにて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top