【MOVIEブログ】『Mommy/マミー』

久々の更新となりました。グザヴィエ・ドランの『Mommy/マミー』をご紹介します。

最新ニュース スクープ
『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiere / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiere / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiere / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
久々の更新となりました。グザヴィエ・ドランの『Mommy/マミー』をご紹介します。

あと最近面白かったのは、ポール・トーマス・アンダーソン監督の遊び心満載な『インヒアレント・ヴァイス』、各所で絶賛されている『セッション』、ホーキング博士とその妻ジェーンの入り組んだ愛の形『博士と彼女のセオリー』など。


『Mommy/マミー』
音楽と映像の親和性が素晴らしい。
グザヴィエ・ドランの感性とテクニックは物語とリンクする。

息子が胸いっぱいに希望を抱く瞬間。
ワンダーウォールが鳴り響き、1:1の狭苦しい画角が拡がり始める。
スクリーンサイズを変化させることもドランには演出の一部で
登場人物の感情の大きなうねりを的確に表現する。

そして終盤、母親の息子への想いが溢れ出るとき、
もう一度画面は拡大する。ここが1番好きな場面。

「ほんのひとときでもいい。人間は未来を想像できる。」

母と息子、隣人のカイラ。この3人の関係性もよかった。きれいごとでは済まされない、人間と人間のつながり。人と人はすべてを分かりあえないもの、たとえ親子や家族であっても。ただ、人間は孤独を感じる。さみしさには耐えられない。自分のことを愛してくれる人、理解してくれる人が、ほんの少しでもいてくれれば、人は救われる。

ずっと母親目線で観ていたが、ある瞬間、息子の気持ちに自分の感情が重なり泣いた。

「ママを愛してる。ただ一緒にいたいだけなんだ。」

残酷と希望が交じり合う結末も好み。
正方形の映像がずっと頭にこびり付く。
《text:Shinpei Oguchi》

特集

関連記事

特集

page top