新星女優・山口まゆ、中学2年生の妊婦を熱演! 綾野剛主演ドラマ「コウノドリ」

綾野剛が母親と赤ちゃんに寄り添う優しき産婦人科医を演じ人気を博しているドラマ「コウノドリ」。出産に関するリスクやアクシデント…

最新ニュース
綾野剛&山口まゆ/「コウノドリ」(C)TBS
  • 綾野剛&山口まゆ/「コウノドリ」(C)TBS
  • 綾野剛/「コウノドリ」 (C)TBS
  • 綾野剛/「コウノドリ」 (C)TBS
  • 松岡茉優/「コウノドリ」 (C)TBS
  • 吉田羊/「コウノドリ」 (C)TBS
  • 星野源/「コウノドリ」 (C)TBS
  • 坂口健太郎/「コウノドリ」 (C)TBS
  • 平山祐介/「コウノドリ」 (C)TBS
綾野剛が母親と赤ちゃんに寄り添う優しき産婦人科医を演じ人気を博しているドラマ「コウノドリ」。出産に関するリスクやアクシデント、医療現場が実際に直面している様々な社会問題も盛り込み“リアル”に描かれている本作だが、この度、11月13日(金)放送の第5話に14歳の新星女優・山口まゆが中学2年生の妊婦を演じることが明らかになった。

コミックの累計部数200万部を突破し、現在も講談社「モーニング」で連載中の鈴ノ木ユウによる同名漫画を基に描く本作。第5話では、院長・大澤政信(浅野和之)の紹介で、中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が、母親の昌美(中島ひろ子)に連れられ鴻鳥サクラ(綾野剛)の診察を受ける。玲奈はすでに妊娠8か月。堕胎できない状況の玲奈にサクラは、若い年齢での出産について丁寧に説明しようとするが、本人は実感がないのかまるで他人事。自分が母親になるという覚悟もなければ、新しい命が宿っている自覚すらない様子。さらにお腹の子の父親・元倉亮(望月歩)は同級生。当事者2人がまだ中学生のため、今後のことを両家の親が話し合ったというが、亮の父親の一方的な発言で話は平行線、赤ちゃんを誰が育てるのか決まらないまま。日に日に大きくなっていく玲奈のお腹。幼い2人の赤ちゃんは、どんな運命をたどるのか…。

主人公・鴻鳥サクラを演じる綾野さんをはじめ、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、清野菜名、山口紗弥加、星野源、大森南朋といったベテランから若手まで豪華俳優陣がキャストに名を連ねている本作。

これまで清水富美加や要潤、臼田あさ美、小栗旬、石田ひかり、佐藤栞里、渡辺裕太ら錚々たるゲストを迎えてきたが、今回は中学2年生の少女の妊娠が描かれ、その難役に現在、中学3年生の山口まゆが熱演する。昨年夏に「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ)でドラマデビューした山口さんは「アイムホーム」(EX)や、「ナポレオンの村」(TBS)など話題のドラマに次々と出演。透明感あふれる存在感と、10代の微妙な心の動きを繊細に表現する演技力に注目が集まる期待の若手女優だ。その相手となる玲奈の元彼氏役には、『ソロモンの偽証』で俳優デビューし、「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(TBS)に出演、またNetflixにて配信中の「TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY」の新レギュラーとして活躍する望月歩が好演する。

本作を担当するプロデューサーは山口さんの起用について「今回お願いした吉沢玲奈は、中学2年生で妊娠をするという役です。ドラマの中では、『母になる喜び、怖さ、意味』を玲奈から感じ取っていただくために、山口さんの中にあるしっかりとした芯の部分でぜひ演じてほしいと思いました。そして、山口さんが演じる玲奈さんの最後の10分間は、まさしく“圧巻”でした。その10分間だけでも、本当にお願いして良かったと思いました」と彼女の演技力を絶賛。

初の妊婦役ということで「出産する痛みは分からないので、近づけるように資料の映像を見たり、母親や身近な人に聞いたりして妊婦さんの気持ちを研究しました」と語る山口さん。14歳で妊婦の役を演じることについては「妊婦さんの役にはびっくりしましたが、問題になっている中学生や10代の妊娠について、そういう子たちもいるんだっていうことも知ってもらいたいですし、そういう子たちがどうやって妊娠・出産にたどりついているのか、その子たちの心境を見ていただきたいと思います。私が演じる玲奈だけじゃなくて、玲奈のお母さん、お腹の赤ちゃんの父親である元彼、ほかにもたくさんの人との関わりがあって、みんなの力があって出産ができるということ、いろんな角度から見ていただけたらいいなと思います」と真摯にコメント。母親になるということに悩みながらも決断する山口さんの熱演ぶりに注目してみて。

「コウノドリ」は毎週金曜日22時~TBSにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top