小泉今日子×二階堂ふみ、初共演&W主演で母娘の“夏休み”描く『ふきげんな過去』

映画、TV、舞台など、ジャンルを超えて独自の存在感を放ち続ける小泉今日子と、『蜜のあわれ』『オオカミ少女と黒王子』など出演作が目白押しの若手実力派・二階堂ふみが初共演を果たし、母娘役を演じる映画『ふきげんな過去』

映画
小泉今日子&二階堂ふみ/『ふきげんな過去』 -(C)2016「ふきげんな過去」製作委員会
  • 小泉今日子&二階堂ふみ/『ふきげんな過去』 -(C)2016「ふきげんな過去」製作委員会
  • 小泉今日子/『ふきげんな過去』 -(C)2016「ふきげんな過去」製作委員会
  • 二階堂ふみ/『ふきげんな過去』 -(C)2016「ふきげんな過去」製作委員会
  • 前田司郎監督/『ふきげんな過去』 -(C)2016「ふきげんな過去」製作委員会
映画、TV、舞台など、ジャンルを超えて独自の存在感を放ち続ける小泉今日子と、『蜜のあわれ』『オオカミ少女と黒王子』など出演作が目白押しの若手実力派・二階堂ふみが初共演を果たし、母娘役を演じる映画『ふきげんな過去』の公開が決定。監督を、劇作家、小説家、シナリオライター、映画監督とジャンルを超えて多才に活躍する稀代のマルチプレイヤー・前田司郎が務めることが分かった。

「あたし生きてたの」。大都会と下町が隣接する北品川の食堂で暮らす女子高生の果子(二階堂ふみ)の前に、突然、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が戻り、そう告げる。ある事件を起こした前科の未来子の登場に慌てふためく家族と、自分の部屋に居候する図々しい彼女に苛立ちを隠せない多感な年ごろの果子。

だが、ただやり過ごすはずだった退屈な夏は、自分が本当の母親だという未来子の出現によって特別な時間に変わる。いまにも世界を爆破してしまいそうな未来子に果子は反発しながらも、2人はひと夏をともに過ごすことに――。

小泉さん、二階堂さんという映画ファン必見の豪華初共演が実現し、母娘役を演じる本作。三島由紀夫賞&向田邦子賞受賞を誇り、いま最注目の異色の天才劇団「五反田団」の主宰・前田司郎が、井浦新×窪塚洋介の『ジ、エクストリーム、スキヤキ』から満を持して完全オリジナル脚本で監督第2弾作に挑む。

小泉さんは、自身の役どころと本作について、「未来子は心の中にエキセントリックなところがある不思議な役でした。数ミリ宙に浮いているような不思議な世界観のなか、宝島をめざす夏休みの冒険のような物語で、私はファンタジー映画かもしれないと思っています」とコメント。

また、若手実力派女優の筆頭株である二階堂さんとの初共演については、「演じているときのプロフェッショナルなところと、21歳の素のままの女の子が共存していてとても嬉しかったです」と明かした。

一方の二階堂さんは、「遠い耳鳴りのような感覚になるキャラクターと、歪みと心地よさが混合する不思議な現場でした」と語り、「小泉さんは“素敵”という言葉が何よりも似合う方だと、現場でご一緒させていただいて感じていました。美しくて儚くて強いお母さんと過ごした一時を、カコはこの先も追いかけ続けていくのかな、と思いながら」と、“母娘”関係について自身の思いを語っている。

日本映画界を牽引する“気鋭”たちが集結する本作が、早くも来年の夏をひと味違うものにしてくれそうだ。

『ふきげんな過去』は2016年夏、テアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top