『ライオン・キング』のDNAを受け継ぐ新作「ライオン・ガード」4月放送決定

全世界で大ヒットを記録したディズニーの名作映画『ライオン・キング』から生まれた、新たなTVアニメーション・シリーズ「ライオン・ガード」が、ディズニー・チャンネルにて4月

最新ニュース
全世界で大ヒットを記録したディズニーの名作映画『ライオン・キング』から生まれた、新たなTVアニメーション・シリーズ「ライオン・ガード」が、ディズニー・チャンネルにて4月より放送されることが分かった。

本作の主人公となるのは、『ライオン・キング』でプライドランドの王の座を受け継いだ“シンバ”の第二子“カイオン”。物語は、そのカイオンがプライドランドの平和を守る伝説のガーディアン、“ライオン・ガード”のリーダーを受け継ぐところから幕を開ける。

映画『ライオン・キング』といえば、1994年6月に全米公開され、世界興行成績9億8740万ドルを記録した、ディズニーが誇る歴史的大ヒット作の1つ。自然界の“サークル・オブ・ライフ(生命の輪)”の中で、ライオンが果たす使命を描いた本作は、1994年アカデミー賞「作曲賞」「歌曲賞」を受賞し、サウンドトラックは全世界で1400万枚という驚異的な数字を記録。また、ブロードウェイ・ミュージカルはグラミー賞にも選ばれ、最高峰のトニー賞も受賞、全世界で7,000万人が足を運び、いまなお全世界で8つの言語にてロングラン公演が続いている。2011年に全米で再度発売されたパッケージも2週連続1位を記録するなど、その人気は現在も進行中だ。

本作は、そんな大ヒット作の20年を記念して制作がスタートし、1月15日に米ディズニー・チャンネルにて初放送された最新TVアニメーション。“ライオン・ガード”の新リーダーとなったカイオンが、個性豊かな仲間たちと共に、時にぶつかり、時に協力し合いながら、王国に起きるさまざまな事件を乗り越え、プライドランドを守るストーリーは、まさに『ライオン・キング』のDNAを受け継いだ後継作となっている。

「ライオン・ガード」は4月よりディズニー・チャンネルにて放送開始。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top