『名探偵コナン』、タブロイド紙“日売新聞”を刊行!第1話がカラーとなって完全収録

今年で20周年目に突入する「名探偵コナン」シリーズの最新作『名探偵コナン 純黒の悪夢』。4月の公開に先駆け、原作にも登場する同名紙“日売新聞”として…

映画
『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
今年で20周年目に突入する「名探偵コナン」シリーズの最新作『名探偵コナン 純黒の悪夢』。4月の公開に先駆け、原作にも登場する同名紙“日売新聞”として、コナンの歴史をふり返るタブロイド紙が3月5日(土)より全国の劇場にて無料配布されることが分かった。

リニューアルされた東都水族館にやってきたコナンたちは、謎の記憶喪失の女性と出会う。彼女は、左右の瞳の色が異なる“オッドアイ”の持ち主だった。瞳の特徴から、その正体が組織のNo.2=ラムかもしれないと恐れる灰原。一方、宿敵に迫るチャンスを探るコナン。時を同じくして、世界各国で黒ずくめの組織による暗殺事件が発生! やがてFBI・赤井秀一の捜査により、日本警察から各国のスパイのリスト「ノックリスト」が盗まれた事が判明。このデータが組織に渡ると、組織に潜入している公安・安室透とCIA・水無怜奈の命も危険にさらされてしまう! コナンは赤井と共に事件を追うが、また時を同じくしてジンが安室と水無を拘束。その時、傍にいたベルモットの携帯が鳴り響く。その指示を出していたのは…。

「名探偵コナン」テレビアニメ&劇場版シリーズが、 今年20周年目という節目に突入する本作。劇場版最新作では、黒ずくめの組織のNo.2=ラムとの関係も囁かれるほど重要人物の声に天海祐希が抜擢され、主題歌には「B'z」が決定。さらには豪華入場者特典も発表されるなど、まさに20周年を祝福するにふさわしいラインナップとなっている。

そしてこの度刊行される事が決定したタブロイド紙は、原作にも幾度か登場する“日売新聞”と題した名で、今月5日(土)より全国の劇場版コナンの上映劇場にて無料で配布される。本紙は、原作が連載を開始した1994年1月当時の週刊少年サンデーの表紙と共に、その1話が冒頭カラーで完全収録されている。また、劇場版1~20作のポスターコレクションもフル掲載されるなど、コナンの歴史をふり返るに適した作りになっているようだ。20年の歴史の中でも劇場版タブロイド紙の刊行は初めての試みとなった今回も、ファン垂涎のアイテムとなること間違いなし。

『名探偵コナン 純黒の悪夢』は4月16日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top