ニコール・キッドマン、英舞台界で権威ある“オリヴィエ賞”にノミネート!

最新ニュース

ニコール・キッドマン-(C)Getty Images
  • ニコール・キッドマン-(C)Getty Images
  • ニコール・キッドマン
  • ニコール・キッドマン-(C)Getty Images
ニコール・キッドマンが舞台「フォトグラフ51」の演技が評価され、今年度のオリヴィエ賞にノミネートされている。

ロンドンで2か月間にわたって公演されたアナ・ジーグラー脚本の同舞台作品の中でニコールはDNA研究員のロザリンド・フランクリンを演じていた。ちなみにニコールは同役ですでにロンドン・イブニング・スタンダード・シアター賞、ワッツ・オン・ステージ賞で最優秀女優賞を獲得している。

オリヴィエ賞はイギリスのミュージカル界を称える有名な賞で、ニコールのほかにも先日にアカデミー賞を獲得したマーク・ライランスやベネディクト・カンバーバッチもノミネートされている。

そんなニコールは昨年11月、あるインタビューの中でロンドンでの舞台はとても楽しい経験だったので舞台公演終了とともに観客の前で演技をするというスリルを味わえなくなるのは悲しいとコメントしていた。「とっても楽しかったわ。観客とのつながりを味わえなくなるのは悲しいわね」「最後のカーテンコールでは泣いてしまったのよ。だから舞台監督のマイケル・グランデージに『また17年間私を待たせたりしないでよね』ってお願いしたの」。

舞台での演技を思う存分に楽しんだニコールは以前、映画業界と舞台の世界を比べ、映画業界は女性にとって自己表現する場が少なすぎると苦言を呈しており「私たちは一緒に働いて、みんなで集まってこのことを変えようと試みているのよ。変えなければならないの」「あと、小さな女の子たちの手にカメラを持たせて、ストーリーを勝たせなくちゃね。少女たちの自信を促進させるのよ。そうすることで彼女たちは自分のパワーを感じることができるはず」と語っていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top