大島優子、“朝ドラ”初出演決定!「あさが来た」最終回に向けて新キャスト発表

最新ニュース

女優・波瑠が“朝の顔”として好演する連続テレビ小説「あさが来た」。最終回まで残り1か月を切った本作から、新たに大島優子、渡辺いっけい、山口智充、清原果耶が出演することが明らかになった。

第22週放送の「自慢の娘」では、あさ(波瑠)のもとには、かつて加野屋の大番頭だった雁助(山内圭哉)から家族みんなが元気で暮らしているという手紙が届いていた。一方、千代(小芝風花)が女学校を卒業してからのお嫁入り先のことで盛り上がるよの(風吹ジュン)と榮三郎(桐山照史)。あさは新次郎に、千代のことを相談する…。

そんな中、和歌山のはつ(宮崎あおい)は、寝たきりになってしまった菊(萬田久子)の面倒を見ていた。はつは菊に、今まで言い出せなかったある思いを打ち明ける。そして、菊、はつ、惣兵衛(柄本佑)は、みかんの花咲く山々を眺めていた。大阪で両替屋として栄えた山王寺屋を思い返す菊。すると今度は、あさとはつの母、梨江の体調が優れないという。東京の今井家に向かうあさとはつ。母を見舞ったあさと新次郎、はつに父、忠興(升毅)は、ある考えを話す。あさは、その話を聞いて改めて感謝をすることに…。

波瑠さんを始め、玉木宏、宮崎あおい、柄本佑、小芝風花、ディーン・フジオカ、瀬戸康史、工藤阿須加ら最旬俳優が集結する本作。今回出演が決定したのは、映画『ロマンス』や9月に公開を控える『真田十勇士』を始めCM、ドラマなどで活躍する大島さん。大島さんはあさに反感を抱く、日の出女子大学校の学生・平塚明を演じ、後に「平塚らいてう」と名乗り、女性解放運動に奔走する。

そのほか、あさと新次郎の主治医・大塚健作に渡辺さん、加野屋に出入りしている植木職人・石川一富美に山口さん、そして年明けの放送で、中番頭の亀助と結婚し、亀助が九州の炭坑を任されたことで、一緒に九州に移り住んでいたふゆを好演した清原さんがふゆの娘・ナツ役として再登場する。

「あさが来た」は毎週月~土曜8時よりNHKにて放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top