石井岳龍監督、二階堂ふみを大絶賛!「高峰秀子さんに見えたほど」

映画『蜜のあわれ』のプレミア試写イベントが3月14日(月)、東京・浅草橋ヒューリックホールにて行われ、二階堂ふみ、大杉漣、永瀬正敏、石井岳龍監督らが着物姿で登壇した。…

最新ニュース
二階堂ふみ/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 二階堂ふみ/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 石井岳龍監督、二階堂ふみ、大杉漣、永瀬正敏/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 大杉漣/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 永瀬正敏/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 二階堂ふみ/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 石井岳龍監督/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
  • 二階堂ふみ/『蜜のあわれ』プレミア試写イベント
映画『蜜のあわれ』のプレミア試写イベントが3月14日(月)、東京・浅草橋ヒューリックホールにて行われ、二階堂ふみ、大杉漣、永瀬正敏、石井岳龍監督らが着物姿で登壇した。

本作は、近代文学史作家の室生犀星が晩年に発表した小説「蜜のあわれ」を映画化。犀星自身を投影しているといわれている老作家(大杉漣)と、犀星の理想の“女(ひと)”の結晶といわれ変貌自在の金魚の姿を持つ少女赤子(二階堂ふみ)との無邪気かつエロティックな触れ合いを艶やかに描く。

原作を高校生の頃に読んだという二階堂さんは、「当時から、感覚的に体の中に入ってくる素敵な作品だなと思っていたんです。この作品が映画になったら見たいと思ったし、いつか作品を作ってみたいと思い続けていたので、今日は胸がいっぱいです」と喜びを語った。

共演者の大杉さんについて、「たくさん引き出しをあけてくださって赤子はできあがっていった」と二階堂さんが感謝を伝えると、大杉さんも「逆に僕自身の引き出しや、気持ちの扉を二階堂さんが開けてくれて、撮影が終わってしまうのが寂しい程いい時間でした」と現場でも相思相愛だった様子を話した。

また二階堂さんについて監督も「年齢的には若いのですが、『放浪記』の高峰秀子さんに見えることがあったくらい、大女優さんでした」と大絶賛。その言葉を受け、「高峰さんは日本映画の中で一番好きな女優さんなのでとても嬉しいです。頑張ります」と二階堂さんも笑顔を見せた。

最後に「このような豊かな原作を、今までにない程のベストスタッフ、ベストキャストと作れたことをありがたく思っています」と監督が自信に満ちた表情で挨拶を行った。

『蜜のあわれ』は4月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top