佐藤健の“僕&悪魔”ほか本邦初出し映像満載!『せか猫』主題歌MV公開

映画

HARUHI
  • HARUHI
  • 『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
  • 『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
100万部突破の感涙ベストセラーを、佐藤健&宮崎あおいで実写化する映画『世界から猫が消えたなら』。この度、本作の主題歌に抜擢され注目を集める17歳・HARUHIのデビューシングルにして主題歌「ひずみ」のミュージックビデオ第1弾が公開。映像には、佐藤さんと宮崎さんの出演シーンをはじめ、本作の初出し映像が含まれることが分かった。

僕は生きるために消すことを決めた30歳郵便配達員、余命あとわずか。そんな僕の前に僕と同じ姿をした悪魔が現れた。大切なものと引き換えに1日の命を与えるという。何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。電話、映画、時計…そして猫。失われていく世界のなかで、僕はかつての恋人に再会する。かつて愛し、別れたときを思い出していく。親友そして疎遠になってしまった父の想いに触れていく。果たして僕が見つけたのは亡き母が残した手紙だった。そして人生にとって最後の日、僕はある決断をする。

「電車男」『告白』『悪人』など数々のヒット作を手掛けた映画プロデューサー・川村元気が、LINE連載という世界初の形態で発表した同名小説を原作に、『バクマン。』の佐藤さんと、NHK大河ドラマ「篤姫」主演を務めた宮崎さんを迎え実写化する本作。主題歌を担当するのは、13歳から楽曲制作を始め、その幅広い音楽性と柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力で、次世代女性アーティスト筆頭と呼び声高いHARUHIさん。本作の主題歌に「ひずみ」が決定し、本楽曲で5月11日(水)よりデビューする。

今回公開されたミュージックビデオは、“「ひずみ」映画『世界から猫が消えたなら』ver.”と題し、佐藤さんや宮崎さんをはじめ、映画マニアの親友役の濱田岳、疎遠になった父役の奥田瑛二、死別した母役の原田美枝子らも登場する映画本編シーンから構成。さらに、これまで声でしか出ていなかった、佐藤さんが一人二役で演じた“悪魔”の姿など、映画公開に先駆けて初出しの映像も本映像に挿入! 美しい映像世界とぴったり寄り添う主題歌「ひずみ」の魅力にぐっと浸れる感動的なミュージックビデオとなっている。



HARUHIさんのデビューシングル「ひずみ」は5月11日(水)よりリリース。

『世界から猫が消えたなら』は5月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top