「宇宙戦艦ヤマト2202」シリーズ最新作制作決定!「命を込めて作る」

最新ニュース

アニメ」『宇宙戦艦ヤマト』の最新シリーズ作品の製作が決定した。2016年3月31日に発表された。同日、公式サイトもオープンし、情報発信を開始した。
監督は新たに『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット版』でディレクターを務めた羽原信義を起用する。さらにシリーズ構成・脚本に『亡国のイージス』や『終戦のローレライ』などで知られる作家・福井晴敏が参加する。福井晴敏は『機動戦士ガンダムUC』の作者とも知られるが、本作でアニメのシリーズ構成と脚本に本格的に挑む。
このほか製作総指揮に、原作者である西崎義展の子息である西崎彰司が名前を連ねている。

ただし、今回の大きな情報はここまでで、詳細は明らかにされていない。ただし、今回の大きな情報はここまでで、詳細は明らかにされていない。そのタイトルからは、1978年に劇場公開され大ヒットになった『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を想起させる。しかし、本作とつながりは不明だ。
同様に「2202」の数字は、2012年より出渕裕を総監督に迎えた「宇宙戦艦ヤマト2199」との連続性も感じさせるが、こちらも不明だ。アニメーション制作や音楽、さらに登場キャラクターやそのキャストなども今回は発表はない。今後の発表を待つことになりそうだ。

『宇宙戦艦ヤマト』は、1974年にテレビシリーズで発表された。テレビシリーズ後に熱心なファン活動から人気に火がついた。1977年に劇場アニメ化、1978年にはその続編『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』が製作され一大ムーブメントを巻き起こした。その後、数々の続編が製作されている。
とりわけ2010年代になり、シリーズは再ブームの様相を呈している。2009年12月に劇場アニメ『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を公開、2010年には木村拓哉主演、山崎貴監督の実写映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』が製作され大ヒットとなった。
2012年からは『宇宙戦艦ヤマト2199』が全7章でスタートし、こちらもヒットを飛ばした。さらに『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』と『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が2014年に公開された。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』
http://yamato2202.net

原作: 西崎義展
製作総指揮: 西崎彰司
監督: 羽原信義
シリーズ構成・脚本: 福井晴敏
(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」制作決定 シリーズ構成に福井晴敏

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

page top