カンヌ女優賞受賞!男女の愛の軌跡描く『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』公開決定

2015年、第68回カンヌ国際映画祭においてエマニュエル・ベルコが女優賞を獲得し、日本でも「フランス映画祭」で絶賛を浴びた『Mon Roi』が、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』として2017年3月25日(土)より日本公開されることが決まった。

映画
『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 (C)2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR - STUDIOCANAL
  • 『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 (C)2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR - STUDIOCANAL
  • ヴァンサン・カッセル-(C)Getty Images
2015年、第68回カンヌ国際映画祭においてエマニュエル・ベルコが女優賞を獲得し、日本でも「フランス映画祭」で絶賛を浴びた『Mon Roi』が、『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』として2017年3月25日(土)より日本公開されることが決まった。

弁護士として活躍するトニー(エマニュエル・ベルコ)はスキー事故で大けがを負い、リハビリセンターに入院する。リハビリを続ける中、ジョルジオ(ヴァンサン・カッセル)との波乱に満ちた関係を振り返る。これほどまでに深く愛した男はいったい何者だったのか。なぜ、ふたりは愛し合うことになったのか。10年前、トニーはかつて憧れていたレストラン経営者のジョルジオとクラブで再会し、激しい恋に落ちる。瞬く間に意気投合したふたりは、電撃的に結婚を決め、トニーは妊娠するが…。

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』『ポンヌフの恋人』をはじめ、女性たちの心をグッと掴んできた数々のフランスの恋愛映画に、新たに大人の恋の傑作が誕生。運命的な再会を果たした男と女の恋愛と結婚、別れようとしても離れることができない情熱的な深い愛。愛し合っているのに、なぜ男と女はすれ違うのか、普遍的な男と女の愛の問題を官能的に描き出す。

監督を務めたのは、リュック・ベッソンの『レオン』『フィフィス・エレメント』などに出演し、自らが監督と出演を務めた『パリ警視庁:未成年保護部隊』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、その美貌のみならず、現在のフランス映画界をリードする若き才能として注目が高まっている多彩な才能の持ち主、マイウェン。本作は、第41回セザール賞でも主要8部門にノミネートされた。

主人公のトニーには、第68回カンヌ国際映画祭にて、カトリーヌ・ドヌーヴ主演『太陽のめざめ』で女性監督として史上2度目のオープニングフィルムを飾ったことも話題となったエマニュエル・ベルコ。本作では女優として、情熱的な愛の喜びと激しい愛ゆえにつきまとう不安に揺れながら、ケガによる痛みからも立ち直っていく主人公を体当たりで熱演する。

また、『ブラック・スワン』をはじめ『ジェイソン・ボーン』『五日物語-3つの王国と3人の女』など、幅広く活躍するヴァンサン・カッセルが、セクシーで魅力たっぷりなジョルジオに扮している。さらに、フィリップ・ガレル監督の愛息子であるルイ・ガレルや、マイウェン監督の実の妹、『ふたりのヌーヴェルヴァーグ』のイジルド・ル・ベスコなど、注目の若手キャストが脇を固める。お手本にしたくなるような、シンプルなパリジェンヌスタイルを堪能できることにも注目だ。

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』は2017年3月25日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top