渡部秀、“愛され男子”で「科捜研の女」に新加入! 「等身大の僕に近い」

1999年10月のスタート時から根強い人気を誇っている大人気長寿ミステリー「科捜研の女」。この度、来年1月3日(火・祝)放送の正月スペシャルより、「仮面ライダーオーズ/OOO」で人気を獲得した渡部秀が、「科捜研」初の“愛され男子”として新加入することが分かった。

最新ニュース
「科捜研の女」
  • 「科捜研の女」
  • 渡部秀
  • 「科捜研の女」
1999年10月のスタート時から根強い人気を誇っている大人気長寿ミステリー「科捜研の女」。この度、来年1月3日(火・祝)放送の正月スペシャルより、「仮面ライダーオーズ/OOO」で人気を獲得した渡部秀が、「科捜研」初の“愛され男子”として新加入することが分かった。

京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員、沢口靖子演じる榊マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医・物理・化学・文書鑑定などの専門技術を武器に、事件の真相解明に挑む姿を描く本作。2011年12月からいままで、科捜研の物理担当は、相馬涼(長田成哉)が務めてきたが、12月15日(木)放送の第8話で相馬が卒業。今回、その後任として、正月スペシャルから渡部さんが橋口呂太として登場する。

渡部さんは1991年10月26日生まれの25歳。高校在学中の2008年「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリ受賞し芸能界へ。「仮面ライダーオーズ/OOO」で主人公・火野映司を演じて一躍注目を集め、映画『進撃の巨人』シリーズなど話題作にも出演。

今回渡部さんが演じる呂太は、誰にでも“タメ口”で話しかけるマイペースな若者だが、かわいげがあって憎めないキャラクター。しかし鑑定の腕は抜群で、物理研究員としては超優秀という役どころだ。渡部さんは長寿シリーズに出演ということで、「驚きと不安が大きかったですね。ずっと受け継がれてきた作品ですし、すでに皆さんの輪ができているところに新たに加わる緊張感は、とても大きかったです」と心境を語り、「呂太は自由な性格で、これまで“科捜研”にはいなかったキャラクター。ぶっ飛んでいますが、まったく悪気がないんです。天才肌で知識はたくさん持っているのですが、中学生のまま大人になってしまったようなところがあって、野性的な嗅覚にも優れた、ギャップのあるキャラクター。ともすれば嫌味になりかねないので、微妙なさじ加減で調節しながら、“憎めない愛らしさ”を目指したいと思っています。僕もマイペースなところがあるので、等身大の僕に近いかもしれません!」とキャラクターについてコメント。

主演の沢口さんは、正月スペシャルにて「遅刻した上におにぎりを食べながらの登場! しかもタメ口でした!!」と呂太の登場シーンに驚き。しかし渡部さん自身については「現場で監督にいろいろ質問して的確な芝居をしようと務めていらっしゃいました! そんな頼もしい新メンバーを迎えた『科捜研の女』、引き続きどうぞご期待ください!」とメッセージを寄せた。

「科捜研の女 正月スペシャル」は2017年1月3日(火・祝)よる21時~テレビ朝日にて放送。

「科捜研の女」は毎週木曜日20時~テレビ朝日にて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top