【特別映像】内村光良×長澤まさみ「コール・ミー・メイビー」を英語で熱唱!『SING』

映画

『ミニオンズ』『ペット』のユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画最新作『SING/シング』。このほど、本作で日本語吹き替えを担当する、コアラの劇場支配人バスター・ムーン役の内村光良と、ヤマアラシのパンクロック少女アッシュ役の長澤まさみがカーリー・レイ・ジェプセンの大ヒット曲「コール・ミー・メイビー」を歌う本編映像が解禁となった。

倒産寸前の大切な劇場を立て直すため、コアラのバスター・ムーンが思いついたのは…たくさんの動物たちに向けた“歌のオーディション”! 本編では、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、グラミー賞受賞総数100を超えるアーティストたちの、誰もがどこかで耳にしたことのあるヒットソングや名曲が60曲以上も使用されている。

世界で唯一、日本だけに全編吹き替え版の制作が許された本作。内村さん(コアラのバスター・ムーン役)ほか、長澤さん(ヤマアラシのアッシュ役)、「スキマスイッチ」大橋卓弥(ゴリラのジョニー役)、「トレンディエンジェル」斎藤司(ブタのグンター役)、MISIA(ゾウのミーナ役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)ら超豪華な声優キャストが集結。日本語吹き替え版の演出には三間雅文、日本語吹き替え版音楽プロデューサーに蔦谷好位置、日本語歌詞監修にいしわたり淳治と最高の布陣が実現している。

劇中では演技だけでなく、歌声も披露しているキャスト陣だが、今回は、内村さんと長澤さんの共演シーンが到着。バスター(内村さん)が開催した歌のオーディションに見事合格したものの、ティーンエイジャーの女の子にはピッタリだとヒットソング「コール・ミー・メイビー」を提案されたアッシュ(長澤さん)。パンクロッカーなのに…。「こんな歌、歌う気はないから」と断るも、バスターに「君ならできるって!」と促され、嫌々ながらも歌って踊ってみせると、その完成度の高さにバスターは「素晴らしいよ! 君は天才だ!」と大興奮! 果たして、アッシュは本番のステージ上でどんなパフォーマンスを披露するのか、期待がいっそう高まる映像となっている。


内村さんは本シーンでのアフレコにあたり、少々苦労したようで「女子の歌ですよ…本当に難しかったです。全国で流れると思うと、とっても恥ずかしいですが、なんとか編集の技術で補っていただきました(笑)」とふり返り、一方の長澤さんは、シャウトするシーンもあるロックシンガーを演じるにあたり、「普段の自分よりは男らしく言葉を発することを意識しました。あまりシャウトするような歌を普段歌わないので、挑戦だったのですが、思いっきり演じてなんとか形になったかなと思います」と、アッシュの役づくりについて明かしている。

それぞれ、「原石が光り輝くとき、夢にむかって立ち上がる姿に共感し、ひとつになっていく素晴らしさを体感できる、胸が熱くなる映画です」(内村さん)、「たくさんの愛らしいキャラクターがとにかく一生懸命前に突き進んでいく姿を楽しんでもらえる作品になっていると思います」(長澤さん)と太鼓判を押す本作。愛とユーモアがたっぷり詰まった、歌のチカラで元気になれるエナジームービーを、この2人も大いに盛り上げてくれそうだ。

『SING/シング』は3月17日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top