佐藤浩市“千利休”&中井貴一“信長”ら『花戦さ』豪華場面写真が一挙解禁

野村萬斎に市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンターテインメント『花戦さ』。このほど、この豪華な面々が、実在の花僧・池坊専好や、千利休、戦国武将などに扮する場面写真が一挙に解禁となった。

映画
野村萬斎&佐藤浩市/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 野村萬斎&佐藤浩市/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 中井貴一/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 野村萬斎/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 佐藤浩市/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 市川猿之助&佐藤浩市/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 野村萬斎&佐々木蔵之介/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 野村萬斎&高橋克実/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
  • 野村萬斎&和田正人/『花戦さ』(C)2017「花戦さ」製作委員会 
野村萬斎に市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンターテインメント『花戦さ』。このほど、この豪華な面々が、実在の花僧・池坊専好や、千利休、戦国武将などに扮する場面写真が一挙に解禁となった。

花僧・池坊専好は、天下統一を目指す織田信長の前で花をいけ、居合わせた千利休らの心をつかむが、思わぬ失態が信長の怒りを買い、あわや打ち首に…。そのとき、軽妙な機転で彼を救ったのは、豊臣秀吉だった。そんな出会いから十数年。秀吉の治世のもと戦乱は収まり、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合った。だが天下人となった秀吉の驕りは嵩じ、利休を自害に追い込み、専好を慕う町衆の命までもが次々と奪われていく。ついに、専好は立ち上がった。手にしたのは、「刃(やいば)」ではなく「花」。池坊専好が太閤秀吉に仕掛けた一世一代の「戦さ」とは――?

本作は、織田信長、豊臣秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった実在の京都の花僧・池坊専好を主人公にした物語。戦国時代、時の天下人である秀吉に、専好が単身立ち向かう姿を痛快に描き出す。

あの秀吉を「ギャフン!」と言わせた“けったいな”男・池坊専好に扮するのは、唯一無二の狂言師・萬斎さん。専好の親友となる千利休には、先日、第40回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した佐藤さん。今回到着した場面写真では、萬斎さん演じる専好が真剣な表情で花を生けるシーンや、豊臣秀吉(市川猿之助)にひれ伏す千利休の姿、利休と穏やかにほほえむ専好の友情が感じられる姿が…。そして、織田信長(中井貴一)、前田利家(佐々木蔵之介)、さらに、専好と幼馴染の町衆・吉右衛門(高橋克実)が並ぶコミカルな姿や、何やら楽しげに手ぶりをしている専好と対照的に困り顔の弟弟子・専武(和田正人)も見られ、それぞれの表情から彼らの人間関係が読み取れるものとなっている。

戦国の世に、刃ではなく「花」を手にした摩訶不思議な男・専好。その奇想天外な戦いに、期待は膨らむばかりだ。

『花戦さ』は6月3日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top