『塔の上のラプンツェル』本編ノーカットで「金ロー」放送

最新作『モアナと伝説の海』の公開が本日3月10日(金)よりスタートしたディズニー・アニメーションの中でも、第50作目として日本でも大人気の映画『塔の上のラプンツェル』が3月10日(金)今夜の「金曜ロードSHOW!」で本編ノーカットオンエアされる。

最新ニュース
(C)Disney
  • (C)Disney
  • (C)Disney
  • (C)Disney
  • (C)Disney
  • (C)Disney
  • (C)Disney
最新作『モアナと伝説の海』の公開が本日3月10日(金)よりスタートしたディズニー・アニメーションの中でも、第50作目として日本でも大人気の映画『塔の上のラプンツェル』が3月10日(金)今夜の「金曜ロードSHOW!」で本編ノーカットオンエアされる。

好奇心旺盛な18歳の少女・ラプンツェルは、魔法の力が宿る彼女の髪を狙っていたゴーテルによって赤ちゃんの頃誘拐され、高い塔に閉じ込められて暮らしてきた。ゴーテルを母親と信じ外界を知らないラプンツェルは、毎年自分の誕生日に空に浮かぶ美しい“灯り”を見に行くことが夢だが、ゴーテルは外の世界は危険だと言い、外に出してくれない。

ある日、誕生日を目前にしたラプンツェルの塔に大泥棒のフリン・ライダーが迷い込む。フリンはお城から王冠を盗み出したあと警護隊から追われ塔に逃げ込んだのだった。ラプンツェルはフリンから王冠を取り上げ、王冠と引き換えに自分を塔から連れ出してほしいと頼む。フリンはラプンツェルのお供を引き受けることになるが…。

1937年に公開された『白雪姫』から80年、記念すべき50作目のディズニーアニメとして2010年秋に北米で公開、翌年2011年3月に日本公開された本作。3DCGを使いながら昔ながらの手描きの雰囲気を感じさせるアニメーションと、これまでに8度のオスカーを獲得した巨匠・アラン・メンケンによる魅力的な音楽があらゆる人々の心に共感を呼んで、当時大ヒットを記録した。

ボイスキャストにはラプンツェル役に中川翔子、フリン・ライダー役に畠中洋、ゴーテル役に剣幸、フックハンド役に岡田誠、ビッグノーズ役に石原慎一、警護隊長役に佐山陽規、ショーティー役に多田野曜平、スタビントン兄弟役に飯島肇といった顔ぶれ。

なお、本作のその後を描くテレビアニメーション「ラプンツェル ザ・シリーズ」の序章となるTVスペシャル「ラプンツェル あたらしい冒険」が5月に「Dlife」にて放送予定となっており、今後の展開にも期待が高まるところ。本放送でディズニーヒロインの1人・ラプンツェルの物語の始まりを改めておさらいしてから新シリーズに備えるのもいいだろう。

1人の少女が自由を手に入れ、そして恋を知り大人へと成長していく物語は、あらゆる人々の心を共感させること間違いなし。

金曜ロードSHOW!『塔の上のラプンツェル』は3月10日(金)今夜21時~日本テレビ系にて放送。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top