ジェームズ・マカヴォイ、カギを握る4つの主要人格が明らかに!『スプリット』

M.ナイト・シャマランが、主演に『つぐない』や『X-MEN』シリーズで知られるジェームズ・マカヴォイを迎え、23の人格と3人の女子高生の

映画

『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • 『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • デニス/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • ヘドウィグ/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • パトリシア/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • バリー/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • 『スプリット』ティザービジュアル (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
M.ナイト・シャマランが、主演に『つぐない』『X-MEN』シリーズで知られるジェームズ・マカヴォイを迎え、23の人格を持つ男と3人の女子高生の密室攻防劇を描く『スプリット』。このほど、劇中に現れる4人の主要人格が明らかとなった。

3人の女子高生を拉致し、監禁した男は、23もの人格を持っていた!? 恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、シャマラン監督でなければ生み出すことができなかった驚異の密室スリラーとなる本作。日本の公開に先駆け全米3,038館にて公開されると、初登場No.1の大ヒットスタートを記録。3週連続で第1位を獲得した。

本作で特に話題を呼んでいるのが、実力派のマカヴォイが演じ分ける23もの人格を持つキャラクター。その中でも、物語のカギを握る4人の人格に注目した。

◆デニス 危険な要注意人格!
デニス/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)ら3人を車で連れ去った、いかにも怪しい男の人格の名はデニス。黒縁のメガネをかけており、どうやら視力が弱い様子。ケイシーらを拉致し部屋に連れ込むと、「訳があって連れてきた」と意味深な台詞を残し、彼女たちを監禁。また、先日公開された本予告では、ドリルドライバーで扉に釘を打ち込みケイシーたちを完全に閉じ込めてしまおうとする場面も映されており、危険な人格であることが伺える。

◆ヘドウィグ 9歳の子どもに!?
ヘドウィグ/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
マウンテンパーカーが特徴的な人格の名は、ヘドウィグ。監禁部屋の前に座り込み、「ぼく、ヘドウィグ」「9歳だよ」など、デニスとは似ても似つかない発言をする怪しい男に、ケイシーらもあ然。しかし、無邪気な様子で話しかけてくるヘドウィグは、本当に9歳の子どものよう。頭の切れるケイシーは、脱出の鍵はヘドウィグにあると見込み、なんとか接触を図ろうとするが…。マカヴォイ演じるキュートなヘドウィグに注目。

◆パトリシア まさかの女性!
パトリシア/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
部屋に監禁されたケイシーたちがドアの隙間から見えた女性の姿に助けを求めると、そこに現れたのは、女性の衣服やアクセサリーを身につけた男だった! 本予告にも登場していた衝撃のキャラクターは、パトリシアという名の女性の人格。「安心して。あなた達を守ってあげるわ」と言う“彼女”にケイシーたちも動揺を隠せない。だが、身体つきもなで肩になっており、ロングスカートにタートルネックというシックな格好、穏やかな表情と、まるで本当に女性であるかのようなビジュアルは驚きのひと言! しかし、どこか信頼できない怪しい雰囲気はデニスとも通じている。マカヴォイ渾身の演技は見逃せない。

◆バリー リーダー的な役割!
バリー/『スプリット』(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
険しい表情を見せているのは、バリーという人格。社交的な性格のバリーは、町に出て精神科の女医フレッチャー(ベティ・バックリー)からセラピーを受けており、23人格のリーダー的な役割を担っている。アーティスト気質のバリーは自分で描いたデッサンをフレッチャーに見せ、一見、明るい性格に見えるが、他の人格についてフレッチャーから問い詰められると次第に怪しい表情に変わっていき…!? 23人格の全容を知る重要なキャラクターとなっている。

このように人格によって個性が全く異なる怪しい男だが、仕草や表情などでそれぞれの人格を見事に演じ分けたマカヴォイの演技はまさに圧巻のひと言! この難役を演じたマカヴォイは、「自分がいま演じているのはこの人格だと観客に信じ込ませた直後に、また別の人格だと思わせなければならないからね。ある人格から別の人格へと移行するのは興味深い経験だったし、この作品の面白い部分でもある。ただ、観客を置いてきぼりにしないように注意した。それが今回僕にとってのチャレンジだったし使命でもあった」と語っている。

3人vs23人格の驚異の密室劇は、いったいどんな結末を迎えるのか? 『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター、『ダークナイト』のジョーカーにも匹敵する、映画史に残るであろう前代未聞の“多重人格ヴィラン”から目が離せない。

『スプリット』は5月12日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top