【ドラマニア】やみつき必須! 秋クール「勝手にベスト3」発表

最新ニュース

「監獄のお姫さま」-(C)TBS
  • 「監獄のお姫さま」-(C)TBS
  • 綾瀬はるか/新・水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」
  • 西島秀俊 「奥様は、取り扱い注意」
  • 「奥様は、取り扱い注意」第1話-(C)日本テレビ
  • 「奥様は、取り扱い注意」第1話-(C)日本テレビ
  • 木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
  • 木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
  • 「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
気がつけば、2017年も師走に突入。すぐそばまで新年が迫ってきています。そこで今日は、本年ラストクールとなる秋ドラマを総決算! 毎クール全てのドラマをチェックしているマニアな筆者が選んだ“勝手にベスト3”をお届けしていきますよ~。

■第1位:衝撃の最終回に話題沸騰!
恋愛×アクションが見事に融合「奥様は、取り扱い注意」


「奥様は、取り扱い注意」第1話-(C)日本テレビ「奥様は、取り扱い注意」第1話-(C)日本テレビ
いままで有りそうで無かった、新感覚ドラマの誕生です。綾瀬はるかさん主演のドラマ「奥様は、取り扱い注意」では、恋愛×アクションという一見ミスマッチな2つが見事融合! 斬新な演出がキラリ光る作品となりました。

ヒロイン・菜美は、旦那様(西島秀俊)への愛に溢れるちょっぴりセレブな若奥様。物語の表面は、そうした新婚夫婦のラブラブでほっこりするような毎日が描かれているのですが――実はその裏で、菜美は特殊工作員時代のスリルが忘れられず、近隣の揉め事に率先して首を突っ込んでいくという“心の矛盾”が面白い。「目には目を、歯には歯を」の精神で、世に蔓延る巨悪に罰を与えていく菜美。セレブな町並みには似つかわしくない、異色のアクションシーンは圧巻でしたね。

また、視聴者の中で最初から怪しいとうわさされていた旦那様。西島さんの目の輝きは、どうにも「MOZU」や「CRISIS」を彷彿とさせ…(笑)。迎えた待望の最終回、包丁や花瓶が飛び交う異色の夫婦喧嘩は、ドラマの歴史に残る刺激的なシーンになったと言えるでしょう。謎の残る終わり方に、パート2や映画を期待する声が多数挙がっているようです。

■第2位:まるで子どもの喧嘩…?!
凸凹バディが天邪鬼な捜査で事件解決「刑事ゆがみ」


木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
新感覚と言えば、「刑事ゆがみ」の凸凹バディも忘れてはいけません。

競馬新聞をこよなく愛し、一見適当そうに見える弓神(浅野忠信)×成績優秀で真面目、ザ・生徒会長タイプの羽生(神木隆之介)。2人に共通するのは、驚くほど真っ直ぐな正義への信念です。真実解明のためには手段を選ばず、時に違法捜査をしてでも事件を追究していく弓神――最初は彼にブンブン振り回されていた羽生でしたが、いつしか不思議な信頼が生まれ…。何度騙されても、嘘の裏にある真実を見抜こうと必死に食らいつく姿に、応援したくなった人も多いのではないでしょうか。

お互いのプライベートを暴こうと尾行し合い、弱点になりそうな証拠写真をパシャリ。それをネタに食事の代金を押し付け合うやり取りは、まるで子どもの喧嘩…?(笑) 純真無垢な掛け合いにほっこりさせられる反面、毎話豪華なゲストキャストを招いての本格ミステリーも非常に魅力的な一作でした。形を変えた“愛”にまつわる様々な物語――巧妙なトリックの数々に、思わず「なるほど」と唸らされる一幕も。この名コンビ、1クールで終わってしまうのは勿体ない気がしてなりません。

■第3位:シュールな小ネタが満載
幸せの意義を問う、七転八倒の復讐劇「監獄のお姫さま」


「監獄のお姫さま」第10話-(C)TBS「監獄のお姫さま」第10話-(C)TBS
そして最後がこちら、久しぶりのクドカンワールド炸裂! 「監獄のお姫さま」にはこの3か月、たくさん笑って…そして泣かさました。物語は、若くてギラギラしたやり手のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)が謎のオバサン集団に拘束されるという不可解な展開に始まり――回を追う毎に、なぜそのような事態に至ったのか。その経緯が事細かに説明されていく斬新な構成になっていました。何度も第1話を見返したくなる中毒性が特徴の一作と言えるでしょう。

もちろん、ファンの期待を裏切らず、宮藤官九郎さんらしいシュールな小ネタも満載です。小泉今日子さん演じる馬場カヨが「リア充をモロキュー」「パティシエをパスタ」と言い間違えるなど、オバサンあるあるを散りばめたり、財テクこと菅野美穂さんが突然にゃんこスターのダンスを踊り出したり…と、知っている人だけがプッと吹き出してしまう笑いの種が散りばめられていました。

また一方で、思わずドキッとさせられる深いメッセージにも共感。罪を犯した人間の深層心理を突き詰め、罪を思い留まる人間との境界線を徹底して塗りなおしていく台詞の数々に、本作のテーマ「人はなぜ生きるのか?」「幸せってなんだろう?」と考えさせられた人も少なくないはず。自分なりの正解を見つけることで、新年の幕開けにも役立つこと間違いなしですよ。

以上、秋クール勝手にベスト3はいかがでしたか?

次回は2017年を振り返った総括をお届け予定! お楽しみに。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

特集

page top