阿部寛が浮世絵に!? 『のみとり侍』ビジュアル&特報公開

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。この度、本作のティザーポスタービジュアル&特報映像が公開された。

映画
『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。この度、本作のティザーポスタービジュアル&特報映像が公開された。

本作は、小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」の人気エピソードを基に、鶴橋氏が物語を再構築し監督・脚本を一手に担い、江戸時代に実在した猫の“蚤とり”稼業を中心に描いていく物語。“蚤とり”とは、お客様の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐお仕事だが、しかしその実態は女性に愛をご奉仕する裏稼業で…。

公開された第1弾ティザーポスタービジュアルは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」に着想を得て制作。鼻の頭には“のみ”が飛び込み、首元には“キスマーク”が付いた、歌舞伎役者のように睨みを利かす浮世絵風の寛之進(阿部寛)の姿が写し出されている。また、長年本作の企画を温めていた名匠・鶴橋の心の中心にあり続けたのは、「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」を基に手塚治虫が描いた「猫・写楽」。この奇跡の偶然を感じ取るかのように、阿部さんはポスター撮影時、写楽の描いた浮世絵を見ながら、手の位置や目線の振り方に細かく気を配り、度重なる微調整を繰り返しポスター撮影に挑んでいたという。


あわせて到着した特報では、上司の逆鱗に触れ寛之進が左遷されるところからスタート。そんな悲運は“蚤とり”になってからも続き、訪れる多難に立ち向かっていく寛之進の姿が映し出される。挙句の果てには、想い人のおみね(寺島しのぶ)から「この、下手くそが!」と言われ茫然…。また映像では、阿部さんが叫び、そして鍛えられた肉体美も披露している。

『のみとり侍』は5月18日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top