佐藤浩市&役所広司&阿部寛の渋さと色気に注目!『友罪』ほか

『ラプラスの魔女』『兄友』など、5月も“イケメン若手俳優”が出演する新作映画が続々公開。しかし、注目すべきは若手だけじゃない! 今回は、現在公開中のオジ様好き女子たちにはたまらない、“オジ充”なラインナップをご紹介。

映画
『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 『孤狼の血』製作現場レポ (C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
『ラプラスの魔女』『兄友』など、5月も“イケメン若手俳優”が出演する新作映画が続々公開。しかし、注目すべきは若手だけじゃない! 今回は、現在公開中のオジ様好き女子たちにはたまらない、“オジ充”なラインナップをご紹介。

■佐藤浩市、未だかつてない哀愁と存在感を放つ――『友罪』



『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
キャリア史上最難の役に挑む生田斗真と瑛太を主演に、『64-ロクヨン-』チームが再び集結し、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”を描く問題作『友罪』(瀬々敬久監督)。

本作で注目のオジ様は、交通事故を起こして人の命を奪ってしまった息子を持つ、タクシードライバーの山内に扮する佐藤浩市。“加害者の父”である山内は、その罪を償うために家族を解散するという苦渋の決断を下すが、そんな山内をよそに、息子が結婚しようとしていると知り、また苦悩する…という役どころ。

『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
『64-ロクヨン-』の熱演で多くの人の心を掴んだ佐藤さんが、再び瀬々監督作に出演し、前作を上回るほどの難役に挑戦した本作。また2人は年齢が同じということもあり、枯れた雰囲気を出した白髪のアイデアなど、現場では衣装合わせの段階から役柄について深く話し合う光景が見られたそうだ。そんな難役を見事に演じきり、主演2人を陰ながらも力強く支えた佐藤さんの熱演も必見だ。

<STORY>
ジャーナリストの夢に破れた益田(生田斗真)と、他人との交流を避ける無口な鈴木(瑛太)は町工場で出会い、同じ寮で暮らし始める。やがて少しずつ友情が芽生えていく2人だが、ある事件をきっかけに、益田は鈴木が17年前の連続児童殺害事件の犯人だった“少年A”ではないかと疑い始める…。


■続編も決定! 役所広司、ヤクザ映画で激シブ刑事を熱演! 『孤狼の血』


広島の架空都市・呉原を舞台にした、「警察小説×仁義なき戦い」と評された柚月裕子の小説を映画化した作品『孤狼の血』(白石和彌監督)。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声…。そんなハードボイルドな世界で主演を務めたのが、『渇き。』でもハードボイルドな元刑事役を熱演し話題となった役所広司だ。

『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
本作で役所さんが演じているのは、「警察じゃけ、何をしてもええんじゃ」と、手段を選ばない捜査方法から、やくざとの癒着など黒いうわさが絶えない刑事・大上章吾。荒々しく強烈な存在感で、観る者を強く惹きつける。劇中では、警察と暴力団組織による激しい抗争が描かれている。ほかにも、松坂桃李、江口洋介、石橋蓮司など豪華キャストが集結した。

『孤狼の血』製作現場レポ (C)2018「孤狼の血」製作委員会
なお、本作は先ほど続編製作も決定し、今後の動向にも注目が集まっている。喰うか喰われるか…そんな世界で生きる大上ら男たちの生き様をぜひ劇場で!

<STORY>
昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾(役所広司)と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。


■阿部寛、女性に愛を奉仕!? 『のみとり侍』


表向きは家庭で飼われる猫の“のみ”を取る商売だが、実態は「床」で女性に愛を届ける裏稼業として、江戸時代に実在した「のみとり」をモチーフにした時代劇コメディ『のみとり侍』(鶴橋康夫監督)。

『のみとり侍』(C)2018「のみとり侍」製作委員会
主演・阿部寛が演じるのは、“のみとり”に転落してしまった、長所も短所も真面目過ぎるエリート藩士・寛之進。劇中では『テルマエ・ロマエ』で鍛えられたあの彫刻のような肉体美を余すことなく披露。生真面目すぎる寛之進らを始めとする侍たちが巻き起こす、“床の間”の戦いは爆笑必至…?

『のみとり侍』(C)2018「のみとり侍」製作委員会
<STORY>
越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は、運悪く忠精の機嫌を損ね、江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられる。途方に暮れていた寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛とその妻・お鈴の元で働くことに。猫の“のみとり”とは文字通り、猫ののみを取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった…。


若手俳優もいいけど…年齢を重ねたからこそ溢れ出る、名優たちの熱演も必見! この3作品でぜひ、“オジチャージ”してみては?

『友罪』『孤狼の血』『のみとり侍』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top