キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、コロンビアの麻薬密売人を演じラテン系から激怒

最新ニュース

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ -(C) Getty Images
  • キャサリン・ゼタ=ジョーンズ -(C) Getty Images
  • キャサリン・ゼタ=ジョーンズ -(C) Getty Images
  • キャサリン・ゼタ=ジョーンズ -(C) Getty Images
  • キャサリン・ゼタ=ジョーンズ -(C) Getty Images
アメリカのテレビ局Lifetimeのテレビ映画『Cocaine Godmother:The Griselda Blanco Story』(原題)が1月20日(現地時間)に放送された。

主演を務めたのはキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。実在のコロンビア人で「コカインの女王」と呼ばれた人物グリセルダ・ブランコを演じたが、キャサリンはラテン系ではなくウェールズ出身の白人であることからラテン系の人々から批判が噴出している。

「コロンビア人の女優ならソフィア・ベルガラがいるじゃない。彼女じゃなくたって利益をもたらすラテン系女優にはサルマ・ハエック、ジェニファー・ロペスがいるわ」「キャサリンは美しいしすごく良い女優だ。でも、この役を演じられるラテン系女優はいっぱいいるよ!」。

こうした批判に対し、キャサリンは「Entertainment Weekly」に「ラテン系の役を演じるのはこれで3回目。『マスク・オブ・ゾロ』で主演を務めたときは、6人のラテン系の女性とクリーンテストを受けたけれど、私に役が与えられた。そのときは有名でもないし、興行収入を稼ぎ出す女優でもなかったのにね」と語っている。「(人種が違おうと)演じられると信じることができた役は引き受けてきた。タイプとは違う役を演じている俳優はたくさんいる。それが俳優の仕事だもの」と率直な気持ちを明かした。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top