ナタリー・ポートマン、「いまの映画は白人男性ばかり」とハリウッドの現状を語る

ナタリー・ポートマンが現在のハリウッド映画界について、「白人男性ばかり」と発言した。

最新ニュース
ナタリー・ポートマン(C)Getty Images
  • ナタリー・ポートマン(C)Getty Images
  • ナタリー・ポートマン(C)Getty Images
  • ナタリー・ポートマン -(C) Getty Images
  • ナタリー・ポートマン-(C)Getty Images
ナタリー・ポートマンが現在のハリウッド映画界について、「白人男性ばかり」と発言した。

ナタリーはJ・F・ケネディ夫人だったジャクリーンを演じた『ジャッキー』の全米公開に合わせて、「New York Magazine」のウェブサイト「Vulture」のインタビューに応えて「お飾りみたいなものばかりで、素敵な女性の役がないから」と、ここ数年ハリウッドと距離を置いていた理由を語った。

ナタリーはウィリアム・ワイルダー監督の『サンセット大通り』(50)やアルフレッド・ヒッチコック監督の『マーニー』(64)を例に挙げて、「彼らはときどき性差別的な発言もするけど、自分を持った女性のキャラクターを主人公にしていたわ。でも、いまの映画は白人男性ばかり。ごくたまに女性についての作品があるという感じよ」とハリウッドの実情について語る。

次回作はアメリカ合衆国最高裁判事のルース・ベーダー・ギンズバーグの伝記映画『On the Basis of Sex』(原題)に主演するが、この作品にふさわしい女性監督が見つかるまで待ち続けたという。監督が誰なのかは今後発表予定だが、「いまのハリウッドにはびこるジェンダー差別の問題を考えると、そうしないわけにはいかないでしょう?」と、圧倒的に数の少ない女性監督の起用へのこだわりを見せた。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top