第45回アニー賞は『リメンバー・ミー』が圧勝!日本の作品は受賞ならず

アニメ界のアカデミー賞とされる第45回アニー賞が3日(現地時間)、ロサンゼルスで発表され、ディズニー/ピクサーの『リメンバー・ミー』が長編作品賞を始め、候補になった全部門を受賞した。

最新ニュース ゴシップ
『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『メアリと魔女の花』-(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • 『この世界の片隅に』(C) こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
アニメ界のアカデミー賞とされる第45回アニー賞が3日(現地時間)、ロサンゼルスで発表され、ディズニー/ピクサーの『リメンバー・ミー』が長編作品賞を始め、候補になった全部門を受賞した。

日本から片渕須直監督の『この世界の片隅に』と神山健治監督の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が長編インディペンデント作品賞にノミネートされていたが、同賞は全9部門で候補になっていた『The Breadwinner』(原題)が受賞した。受賞スピーチには声の出演をしたアンジェリーナ・ジョリーも登壇し、監督や製作者、共演者と喜びを分かち合った。

米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』は脚本賞とプロダクションデザイン賞2部門で候補になっていたが、残念ながら受賞はかなわなかった。

最多11部門ノミネートで全部門を受賞した『リメンバー・ミー』。メキシコを舞台に、1年に1度だけ亡くなった家族と再会できるといわれる「死者の日」をテーマにした少年の物語で、3月4日(現地時間)発表の第90回アカデミー賞での長編アニメーション部門での受賞に向けて弾みがついた。
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top