唐沢寿明×渡部篤郎が初共演! 話題の小説がドラマ化「がん消滅の罠」

最新ニュース

ドラマ特別企画「がん消滅の罠」-(C)TBS
  • ドラマ特別企画「がん消滅の罠」-(C)TBS
  • ドラマ特別企画「がん消滅の罠」-(C)TBS
「第15回このミステリーがすごい!」大賞を受賞した岩木一麻の「がん消滅の罠~完全寛解の謎」が、TBSで4月2日(月)、ドラマ特別企画「がん消滅の罠」としてドラマ化されることが決定。唐沢寿明、渡部篤郎、及川光博ら豪華キャストを迎えることも分かった。

最高峰のがん治療を提供する病院の医師である主人公は、ある日手の施しようのない末期がん患者を担当することに。しかし、その患者が生命保険金の生前給付を受け取った直後、がんが“完全寛解”。しかも連続して…。そんな中主人公は、高校時代からの友であり同じ病院に勤務する変わり者の研究医と、生命保険会社に勤める切れ者の親友と共に、自らの担当患者が完全寛解した謎に挑んでいくというあらすじ。連続して起こるがん消滅は奇跡なのか陰謀なのか。ドラマは「寛解」というがんの症状が軽減される状態を切り口に描かれる医療ミステリー。

ちなみに、「がん寛解」とはがんの症状が“軽減”される状態。がんが縮小し、症状が改善された状態を「部分寛解」。がんが“消失”し、検査値も正常を示す状態を「完全寛解」というのだ。

主人公・夏目典明を演じるのは、今回12年ぶりの医師役となる唐沢寿明。「今回演じる夏目典明は、スーパードクターではなく“普通”の医者。原作では、いろんなことに巻き込まれ、翻弄されてしまう、どこか主人公っぽくない役どころでした。今回ドラマでは、原作の世界観は生かしながらも、よりドラマチックな脚本になっています」と本作について話し、「なぜ、がんは消滅したのか」というところが見どころだと明かす唐沢さんは、「原作を読んだ本職の医者でも翻弄されてしまったというくらいの謎を解明していく過程は、この作品の一番の肝になっていると思います。医療が進化し、がんが治せる時代になったいま、このリアルとフィクションの狭間のような作品は、僕が一視聴者であっても非常に興味深いテーマです。本当にストーリーが面白いので、役に身を任せて演じようと思っています」と力強く語っている。

また、夏目と高校時代からの同級生で、夏目と同じく日本がんセンターで研究医として働く羽島悠馬役を、唐沢さんとは意外にも今作が初共演となる渡部篤郎。「唐沢さんは数多くの名作を作りあげた方です。ご一緒させて頂くのは初めてですが、最高のエンターテインメントになるよう導いてくれます。素晴らしい原作、キャスト、スタッフに恵まれて、心より感謝しています」とコメントしている。

さらに、同じく夏目&羽島と高校時代からの同級生で、保険会社に勤務する森川雄一役に及川光博。「僕が演じる森川雄一は、とある事案から唐沢さん演じる夏目の、保険金詐欺への加担を疑い始めるという役どころ。夏目の同級生で親友でもあります」と自ら自身の役柄を説明し、日頃からプライベートで食事する仲だそうで「その距離感を演技に活かせれば」とコメント。「渡部さんとの共演も久しぶり。3人の関係性が楽しみですね。先輩方の胸を借りて多くを学びたいと思います」と撮影が楽しみだと話している。

3人のほかにも、夏目の妻でフリーの雑誌記者・紗季役に麻生久美子、患者として夏目の診察を受ける患者・榊原一成役に吉田鋼太郎、湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈役にりょう。そして、夏目の学生時代の担当教授であり、最も尊敬する医師だったが、一人娘をがんで亡くしたことをきっかけに20年間消息不明となっていた医師・西條征士郎役を北大路欣也が演じる。

ストーリー


日本最高峰のがん医療を提供する日本がんセンターの呼吸器内科医・夏目典明(唐沢寿明)は、生真面目で誠実な性格で、同僚や患者にも評判が良い優秀な医師である。一方、同僚の研究医・羽島悠馬(渡部篤郎)は、診察などの臨床を全くしない上に、ほかの医師を寄せ付けず一人で研究に没頭する変わり者で、院内でも浮いた存在。そんな2人は高校時代からの親友であり、夏目は周囲が苦手とする羽島に対しても物おじせず、医師としての羽島の豊富な知識を買っており、何かと助言を求めることが多い。夏目はこの日、自らが担当した末期がん患者のがんが消えたという謎について羽島に相談していた。小暮麻里(柴本幸)という女性の患者で、肺にがんが広がる肺腺がんであった彼女は、夏目が担当した時点ではすでに余命が半年という状況で治る見込みはなく、生命保険の事前給付金も受け取っていた。

しかし半年後、麻里のがんはすべて消え去り、完全寛解したのだ。夏目と羽島は、奇跡は起こらないと思いつつも、麻里のがん寛解について理由がわからず、頭を抱える。一方、麻里のがん寛解について、不審だと感じた人物がほかにもいた。夏目、羽島の高校時代からの同級生で、生命保険会社の調査部に勤める森川雄一(及川光博)である。森川は、麻里が生命保険に加入してから8か月という早さでがんを発症した点、本人の収入の割合に比べて高額の保険に加入していたという点、そしてがんが完全寛解したという3つの点において疑問を抱き、保険金詐欺の可能性を夏目に糾弾する。

そんな中、夏目の患者がさらにもう一人、がんを克服する。麻里と同じ末期の肺腺がんだった横山宗彦(みのすけ)も、生命保険の生前給付金を受け取ったのち、完治が不可能とされたがんが寛解したのだ。不可解な完全寛解に警察までが麻里、横山の保険金詐欺を疑い、夏目はがんセンターから謹慎を言いつけられる。納得がいかない夏目は、がん消滅の謎を独自に追うことに。果たして、これは医学の奇跡なのか。それとも何者かの陰謀なのか。

さらには殺人事件まで発生し、警察から追われる身となった夏目は、この事件の背景にある新進気鋭の病院の存在に気づく。それは、フリーライターをしている夏目の妻・紗季(麻生久美子)が調べている病院・湾岸医療センターだった。事件を追う夏目と羽島の前に現れた湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈(りょう)。そして、その背後には夏目が行方を追い続けていた恩師・西條征士郎(北大路欣也)の影が見え隠れする。果たして、事件の全貌には何が隠されているのか。がん消滅の謎とは――。

ドラマ特別企画「がん消滅の罠」は4月2日(月)20時~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top