S・スピルバーグ監督、ストリーミング配信の映画は「オスカーに値しない」と批判

最新ニュース

スティーヴン・スピルバーグ監督-(C)Getty Images
  • スティーヴン・スピルバーグ監督-(C)Getty Images
  • スティーヴン・スピルバーグ-(C)Getty Images
  • NETFLIXロゴ-(C)Getty Images
  • Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』キャスト-(C)Getty Images
  • スティーヴン・スピルバーグ-(C) Getty Images
ハリウッドの巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、ストリーミングサービスのオリジナル映画は「オスカーを受賞するに値しない」と持論を述べた。

「テレビというフォーマットに決めて撮ったのなら、それはテレビ映画なんだ」と「ITV News」に語ったスピルバーグ監督。「もしそれがいい作品ならばエミー賞を受賞するべきで、オスカーではない。わずかな数の映画館で、公開日数が1週間にも満たない映画が、アカデミー賞のノミネートを受ける資格はないと思う」。

Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』キャスト-(C)Getty ImagesNetflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』 LAでのスペシャルスクリーニングにて-(C)Getty Images
スピルバーグ監督が指しているのは、今年アカデミー賞など数々の授賞式で脚光を浴びたNetflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』とみられる。同作はまさにニューヨークとロサンゼルスの2都市で1週間限定で劇場公開された作品であり、助演女優賞(メアリー・J・ブライジ)など4部門でノミネートを受けた。また、同じくNetflixのドキュメンタリー映画『13th -憲法修正第13条』は、劇場公開はされずに昨年アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。

NETFLIXロゴ-(C)Getty Images
とはいえ、スピルバーグ監督は現在が「テレビ史上において一番よい時代」とテレビの在り方の変化を称えている。人々を映画館から遠ざけてしまうため、「映画館にとってはチャレンジングだけどね」とストリーミングサービスを脅威に感じているようだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top