『X-MEN』最新作&『ニューミュータンツ』の公開日が延期に

最新ニュース

ジェニファー・ローレンス-(C)Getty Images
  • ジェニファー・ローレンス-(C)Getty Images
  • ソフィー・ターナー-(C)Getty Images
  • ソフィー・ターナー-(C)Getty Images
  • ジェームズ・マカヴォイ-(C)Getty Images
  • ジェニファー・ローレンス-(C)Getty Images
  • ジェニファー・ローレンス-(C)Getty Images
  • ジェシカ・チャステイン-(C)Getty Images
  • ジェシカ・チャステイン(C)Getty Images
FOXが今後公開を予定している『X-MEN』シリーズ2作品の公開日を遅らせると発表した。『X-MEN: Dark Phoenix』(原題)はアメリカでの公開日が2018年11月2日から2019年2月14日に、スピンオフ映画の『The New Mutants』(原題)は2019年2月22日から同年8月2日へと変更になる。

前者はサイモン・キンバーグ監督作で、「ゲーム・オブ・スローンズ」出身のソフィー・ターナーがタイトル名にも含まれているフェニックス役(兼ジーン・グレイ)を前作『X-MEN:アポカリプス』から続投。ジェームズ・マカヴォイ、ジェニファー・ローレンスらおなじみのキャストも引き続き出演し、新たに加わるキャストにはジェシカ・チャステインが発表されている。

後者はジョシュ・ブーン監督作で、「ゲーム・オブ・スローンズ」でソフィーの妹役を演じているメイジー・ウィリアムズ、「ストレンジャー・シングス」でブレイクしたチャーリー・ヒートン、『スプリット』のアニャ・テイラー=ジョイらがメインキャラの5人の若きミュータントに。当初は今年4月13日に公開予定だったが、2度の変更により最終的に1年半ほど延期された。

一方で、FOXは「クイーン」の故フレディ・マーキュリーの伝記映画『Bohemian Rhapsody』(原題)を、今年のクリスマスから11月2日へ前倒しで公開することも発表。前年の12月31日までに上映した映画を審査対象としている来年のアカデミー賞を狙い、少し公開を早めたとみられる。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top