プロフェッサーXが「別れの言葉」を…『X-MEN』もうひとつのエンディング公開

現在、デジタル先行配信中の『X-MEN:ダーク・フェニックス』から、劇場版のとは異なる“もうひとつのエンディング”が公開された。

映画 洋画ニュース
『X-MEN:ダーク・フェニックス』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
  • 『X-MEN:ダーク・フェニックス』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
  • 『X-MEN:ダーク・フェニックス』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
  • 『X-MEN:ダーク・フェニックス』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
X-MENの主要メンバーであるジーン・グレイの心の闇に潜んでいた“ダーク・フェニックス”が覚醒し、人類滅亡の脅威となる『X-MEN:ダーク・フェニックス』。現在、デジタル先行配信中の本作から、劇場版のラストとは異なる“もうひとつのエンディング”が公開された。

>>『X-MEN:ダーク・フェニックス』あらすじ&キャストはこちらから

今回公開されたのは、本作ブルーレイに特典映像として収録される未公開シーン集の一部で、本編とは異なるエンディングの「別れの言葉」という映像。心の闇に潜んでいたもうひとつの人格“ダーク・フェニックス”が覚醒してしまい、敵となってしまった愛する仲間ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)と戦わざるをえなかったプロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)の、仲間を失った深い悲しみと喪失感が伝わる別エンディングとなっている。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
この別エンディングの舞台は、プロフェッサーXがミュータント育成のために創設した「恵まれし子らの学園(エグゼビア・スクール)」。旧友レイブンに向けて、「自分が何者なのか、何を目指していたのかも忘れていた。多くを失ったよ」と、涙ながらに後悔を口にするプロフェッサーX。愛する仲間を失い、自身が創設した学園まで廃校にしてしまったプロフェッサーXが、悲しげな表情を浮かべ、荒れ果てた校舎を後にする姿には胸がいっぱいになる。

そして最後は、「壮大なる銀河の中では、私たちがどんな存在で今後どうなるのかも未知のままだ。だから私たちは学び続ける。これは終わりではない。始まりなのだ」というジーン・グレイらしき声のメッセージで締めくくられている。

なお、本作のブルーレイ&DVDには、ファン必見の未公開シーンやメイキング映像など計90分を超える見どころ満載の特典映像が収録されている。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』 (C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
『X-MEN:ダーク・フェニックス』は先行デジタル配信中、ブルーレイ&DVDは10月9日(水)よりリリース。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』リリース情報
先行デジタル配信中
10月9日(水)ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始
■2枚組ブルーレイ&DVD ¥4,000+税
■4K ULTRA HD+2Dブルーレイ/2枚組 ¥6,000+税
発売・販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top