菅田将暉、竹内涼真に嫉妬? 稲垣吾郎も登場する「JUNON」6月号発売

最新ニュース

本日4月23日発売の「JUNON」6月号では、巻頭に人気俳優の菅田将暉が登場。ほかにも、稲垣吾郎、竹内涼真、岩田剛典(「EXILE/三代目 J Soul Brothers」)、杉野遥亮らがいま注目のイケメン俳優&アーティストたちが集結している。

今号の巻頭に登場する菅田さんは、「仮面ライダーW」『キセキ ーあの日のソビトー』『帝一の國』『銀魂』などに出演し俳優として活躍する中、昨年は歌手としてもCDデビュー。さらに先日、俳優・山田孝之と「菅田山田」「山田菅田」としてSNSの開設し、話題となっている。

そんな菅田さんが土屋太鳳とW主演を務める映画『となりの怪物くん』が4月27日より公開されるということで、「JUNON」では作品にかけて「自分の近くにいる人に対して、かなわないなと思ったり、嫉妬したことはある?」という質問を投げかけると、「これは多々あります」と菅田さん。

目の前にある「JUNON」を開き、まず「たとえば竹内涼真。涼真には、周りから愛される力があります。人あたりもいいし本当にかわいいんです。さらにカッコいいし、おもしろい」と話し、また「宮野(真守)さんもカッコいいのに、自ら笑いをとっていこうとする人。周りにもしっかり気を使う方だし、やっぱりかなわないですよ」と声優に初挑戦した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で共演した宮野真守を挙げ、さらに「で、(野村)周平も…。ってキリがないのでもうやめておきます(笑)。でも、やっぱり自分にないものを持っている人には、かなわないし嫉妬します」と笑顔。

そして、先日『クソ野郎と美しき世界』の第2弾の製作決定も発表され話題となっている稲垣さん。今回は多趣味な印象のある稲垣さんのプライベートに迫る! 「いろんなものに対してアンテナを張る姿勢は若いころからですか?」という質問に、「わりとそうかもしれないです」「すべては出会いだと思うんですよね。だから生きてる限りはぼーっとしていられないかなって思うし、そういうところは欲があるかもしれないですね」と。ゴルフやお花、SNSのことなどを語っている。

「JUNON」6月号
また今号の特集は、日本中を沸かせたフィギアスケートの“羽生結弦&宇野昌磨”のいわゆる「ゆづしょま」萌えからヒントを得た「舞台系男子の“お兄ちゃん&弟”感ががヤバすぎ」。植田圭輔&長江崚行、黒羽麻璃央&横田龍儀など舞台で活躍中の彼らの兄弟感たっぷりの2ショットが楽しめる。

「JUNON」6月号
そのほか、先日放送スタートしたドラマ「ブラックペアン」に出演中の竹内涼真、主演ドラマ「崖っぷちホテル!」が放送中の岩田剛典。そして、北村匠海、杉野遥亮、「超特急」なども登場する。

「JUNON」6月号は発売中。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top