岩田剛典、河瀬組初参加でメンバーから心配される…「本当に森の人になっている」

最新ニュース

『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 岩田剛典/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 永瀬正敏/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 夏木マリ/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 美波/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 河瀬直美監督/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
  • 『Vision』ティザーポスター-(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
河瀬直美監督が生まれ故郷の奈良県を舞台に、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏をW主演に迎えた最新作『Vision』の完成報告会見が4月26日(木)に行われ、永瀬さんをはじめ、夏木マリ、「EXILE/三代目J Soul Brothers」岩田剛典、美波、そして河瀬監督らが登壇した。

>>『Vision』あらすじ&キャストはこちらから

昨日、今作が誕生したと明かす永瀬さんは、「毎回河瀬監督とご一緒すると見た後すぐに立ち上がれなかったり、樹木希林さんや監督を抱きしめたりということがあったのですが、今回は帰ってから心がドンと震えてきてしまってと、結局寝れず、ここまで来てしまいました」と感想を語り、また夏木さんも、「永瀬さんもおっしゃった通り、昨日初めて観まして、ストーリーがめちゃくちゃ新鮮でございました。台本と全く違っておりましたので(笑)」と打ち明けた。

今作で記念すべき劇場映画10本目となった河瀬監督は、「千年は生きていないのですが、10本も長編映画を撮ってきた30年の歴史の中で、この時代にこの映画を誕生させたことを誇りに思っています。そしてこの映画ができあがり、今日みんなとここでもう一度会えたそのことが、私にとっての宝物です。この映画をみなさんと共に運んでいきたいと思っております」と挨拶。

永瀬正敏/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
そして、『あん』『光』と続いて今回3作品目のタッグとなった永瀬さんは、「毎回違います。たぶん異次元からいらっしゃったんだと思います」と監督について明かし、「本当に毎回違うので、新しい発見があり、新しい宝物を頂いている気がします」と参加できる喜びを語っていた。また、森の中での生活について「河瀬組のメソッドといいますか、実際に撮影で出てくる家にクランクインの2週間くらい前から、可愛い犬のコウと一緒に暮らして。智として血液を入れ替える、心を入れ替える作業を丁寧にやらせて頂く、その過程で山守の方にチェーンソーの使い方などを教えて頂いたり、彼(岩田さん)は特殊伐採の工具を使いこなし、スルスルスルっとカッコよく木を登って行って、あっと言う間に2日くらいでやっていましたね」とエピソードも披露。すると、監督は「芸能人辞めたら、山守になったらいいじゃん」とすかさずツッコむも、「すごく筋肉痛でしたよ」と岩田さん。

鋭い感覚を持つ女アキを演じた夏木さんも、アキとして約2週間吉野の山で過ごしたそうで、「智がヨモギ団子を食べているというシーンが劇中にあるんですが、ヨモギ団子のディテールは映っていないのですが、みなさん、聞いてください! そのヨモギ団子、ヨモギを摘むところから始まります」と言いながらその工程を説明。

夏木マリ/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
続けて「私は監督から色々決まりを頂きまして、ノルマを頂きまして、そのアキの住んでいるお家から1時間かけて、毎日お地蔵さんの花と水をかえるようにということで、撮影がない日もお地蔵さんのところに行って、暮らして、薪でおかゆを作って、全部1週間やらせて頂いて、山で少し暮らせるような感じになったんです。だから本当に演じるというより暮らしていた感じです」とも。また「2週間、i-phoneを取り上げられ、SNSも止めて、もう商売あがったりでした」とジョークを飛ばしつつ、「でもすごくいい経験」とふり返った。

一方、謎の青年役として河瀬監督作品に初参加を果たした岩田さんは、「撮影の中で色んな洗礼を受けました。鈴として森の中で演じるのではなく、生きるということを監督から教えて頂きました。とても美しい映画になっています。観ている方が森の中に迷い込んだような錯覚に陥るくらい臨場感のある自然の描写だったり、深く美しい作品に参加できたこと、誇りに思います」と思いを語る。

岩田剛典/『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
また、河瀬組独特の撮影方法についても語った岩田さん。「演じるではなくて生きる、暮らすということで、衣装合わせのときから会場に夏木さんや森山さんがいらっしゃってもご挨拶にいけないんです。役の中でお会いする機会がない方とは一切口も聞くな、眼も合わせてはいけない、という取り組み方は初めてでした」と言い、「自分は自分の出ているシーンしか知らないですし、ジュリエット・ビノシュさんと永瀬さんとしかお会いしていないので、昨日初号で初めてお会いしたんですよ。作品に対する監督の徹底したこだわりとか、ほかの組に絶対ないものでしたし、演じるのではなくて、その地に根付いて暮らしているところを切り取って撮影するというのは、神秘的な瞬間でしたね」とふり返った。

さらに岩田さんもクランクインする1か月くらい前から森に住んでとお願いされていたそうだが、ツアー中だったため断念。しかし、「劇中に出てくるジュリエット・ビノシュさんも暮らしている設定の納屋に住ませていただき、寝起きと共に、顔にカメムシが3匹ほどついているような、虫と共存してましたね」と明かし、撮影終了後、グループのメンバーに心配されたようで、「大丈夫? って言われましたね。顔つきが違ったみたいで。本当に森の人になっているよ。と言われました」といったエピソードも披露していた。

『Vision』(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
『Vision』は6月8日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top