大倉孝二、6月公演の舞台「内容まだ決まってない」と明かす

一般の人々の何気ない行動に焦点をあて、それを題材に笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」の5月8日深夜の放送回に、独特の個性を放つ俳優の大倉孝二が出演

最新ニュース スクープ
一般の人々の何気ない行動に焦点をあて、それを題材に笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」の5月8日深夜の放送回に、独特の個性を放つ俳優の大倉孝二が出演。大倉さんは鶴瓶さんとどんなトークを繰り広げたのか?

劇団で舞台を中心に活躍、そこから映像にも進出、187cmという長身と独特の雰囲気で強い存在感を放ち、最近では『HERO』『秘密 THE TOP SECRET』などの映画から「カルテット」「アンナチュラル」といったドラマまで幅広く出演、いずれも大きな話題と注目を集めている大倉さん。

鶴瓶さんと大倉さんの出会いが9年前の「A-Studio」の取材だったという話題から番組はスタート。旧車好きだという共通項を持ち、ボルボやチェロキーなど「四角い車が好き」という大倉さん、フォルクスワーゲンなど「丸い車が好き」という鶴瓶さんがそれぞれの愛車トークで盛り上がる。

話題は収録時まだ未解決だった“愛媛県今治市の受刑者逃走事件”についてもおよび、鶴瓶さんから「島に潜伏してるとしたら何を食べてると思うか?」と問われ、大倉さんは「貝とかじゃないですかね。採って干して食べてるんじゃないか」と“持論”を展開。独特の発想にスタジオからは笑いが沸き起こる。

その後も、カレー粉も使わずスパイスを炒ってイチからカレーを作るという“カレー好き”ぶりや、座布団を回し続けられるという“意外な特技”などを披露。舞台を見に行った際の“睡魔”対策にまつわる話題では観客が寝てしまっても「構わないです。それも含めてレジャーだと思ってもらえれば」とコメントするなど、大倉さんならではのトークを展開した。

これに視聴者からは「大倉孝二やっぱ最高やわ」「大倉さん好きで舞台観に行ってたなー」などの声や、普段バラエティで見る機会が少ないこともあってか「素の大倉さん初めて拝見するかも」という反応。さらには「本気で全人類の中で一番タイプな顔…好き」まで様々な投稿がSNSをにぎわせていた。

そんな大倉さんだが新作舞台「ニューレッスン」が6月21日(木)より公演となる。まだ内容については「何も決まってない」そうで、鶴瓶さんからは「何しに来てんねん」とツッコまれていたが、大倉さんとブルー&スカイの2人が作、演出を手がけ、いとうせいこうらが出演予定で東京では「CBGKシブゲキ!!」、大阪では「ABCホール」で上演。個性派俳優の独創性が存分に発揮されそうな本公演も楽しみだ。
《笠緒》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top