生田斗真&瑛太、俳優業について語る「俳優という仕事はすごく中毒性がある」

近日公開となる友罪』で主演を務めた生田斗真と瑛太、そして瀬々敬久監督が5月14日(月)、明治大学にて特別授業を行った。

最新ニュース
『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
  • 『友罪』 (C)2017映画「友罪」製作委員会 (C)薬丸岳/集英社
  • 瀬々敬久監督/『友罪』(C)薬丸 岳/集英社 (C)2018映画「友罪」製作委員会
近日公開となる『友罪』で主演を務めた生田斗真と瑛太、そして瀬々敬久監督が5月14日(月)、明治大学にて特別授業を行った。

>>『友罪』あらすじ&キャストはこちらから

■生田斗真&瑛太、特別授業にサプライズ登場!


かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤を描いた本作。今回3人は、文学部文学科文芸メディア専攻、伊藤氏貴准教授による特別授業に集まった「少年犯罪」を学ぶ大学生約100名らと共に、罪を犯した友や家族との向き合い方、友情についてなど、本作が投げかける問いに対して、ディスカッションを行った。実は今回、特別授業としか聞かされていなかった学生たち。3人は颯爽と登場すると、学生たちは一同唖然。生田さんは「不慣れなところがあると思いますが、少しでも皆さんと楽しい話ができたら」と挨拶し、続けて瑛太さんも「皆さんに映画を観てもらえたことは嬉しい。ちなみに、今日、斗真と衣装の色が被っちゃったのは、特に狙いはないですからね(笑)」と会場を和ませていた。

『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会

■映画化&役への思い…


つらい過去を抱えながら、鈴木との友情関係に葛藤する元週刊誌のジャーナリスト・益田という役を演じるにあたり、生田さんはかなりの覚悟を感じたそう。「僕自身も映画化決定前から原作は拝読していて、どういった形であれ映像作品として残すべき題材だと感じていました。お話をいただいたときは、『ついにやるのか!』という気持ちがあった」と話す。一方で“元少年A”として世間を震撼させた鈴木を演じた瑛太さんは、「映画を通して、観てくれた方に“何を与えたいのか”についてはすごく疑問があった」「実際の少年Aの手記も読んで、色々と感じる中でどこか事件の背景を全否定できない自分がいました、どんな人間でもそうした想像を超えた衝動があるのでは、と。演じる上では、どんな役でも愛して演じていきたいので、鈴木に自分の想いを重ねていきました」とコメント。

■友達が重大な犯罪を犯していたと知ったら…学生と“友情”について討論


また質疑応答の場では、「もしも友達が重大な犯罪を犯していたと知ったら、友達を続けるか」という質問に、半数以上の学生が「友達関係を続ける」と回答する中、一方で「正直どう接したらいいか分からない」「友達を辞める」という声も。これに対し、主演の2人は「一度2人の間で友情が芽生えたのであれば、関係を続けていきたいというのが本音だと思うけど、少し綺麗ごとのような気もするし、すごく難しいですよね」(生田さん)、「向き合うことはするかもしれないけど、警戒心が生まれてしまうのも確か」(瑛太さん)と意見を述べた。

■明らかになるラストシーンの誕生秘話


映画の後半シーンでの益田の咆哮シーンに胸打たれたという女子生徒から質問が及ぶと、生田さんは、「台本では、『泣き叫ぶ』というト書きは無かった。現場で監督が『獣のような、慟哭をするのはどうか』と仰って、あのシーンが生まれました。友達を助けられなかった益田の後悔と無念があの叫びになったと思います」と映画史に残るラストシーンの誕生秘話が明かされた。

『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会

■“俳優”生田斗真&瑛太へ質問も…


俳優で行こうと決めたきっかけについて質問が飛ぶと、「SMAPが好きな母親が履歴書を事務所に送ったのがきっかけ」と明かした生田さんは、高校生のときにこの仕事を続けていくかの岐路に立ったそうで、「本当に自分がやりたい仕事である確信が欲しかったときに、演劇に出会った。そこで楽しそうに作品を作り、人を感動させている先輩の方々を目にして、感銘を受けた」と告白。瑛太さんも、「俳優という仕事はすごく中毒性があり、休日もなぜか現場にいないと落ち着かない」「学生のとき、アルバイトしながら趣味で映画を観ていましたが、一番現実逃避ができたのが、スクリーンの中の世界だった」と語っている。

『友罪』明治大学特別授業(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
さらに、キャスト陣から学生に向けた質問会も開催。瑛太さんが「斗真と瑛太、どっちが好きですか?」と質問すると会場は爆笑。学生からは「瑛太さんの方がエロいと思うので好き」「瑛太さんのメンヘラっぽいことが好き」と会場は若干“瑛太派”が多い状態。そんな状況に瑛太さんは「斗真、ごめんな(笑)」と笑顔を見せると、「生田派の意見も聞きたい!」と生田さん。すると、「『脳男』を見て、演技の振れ幅がすごいなと感じた。あと、やっぱり顔がカッコいいです!」と女子生徒が答えると、「これからもよろしくお願いします!」と照れ笑いを浮かべる場面もあった。

『友罪』は5月25日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top